忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大人のビターレモン

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。







最近毎日暑いねぇ。

この写真を見て突発的にフレーズと絵が浮かんでつくってみたよ。
海で泳ぎたいし、シチリアも行って見たいなぁ。


そういえば、先月末不思議な事があった。
まーこういう季節だから、怪談話もありかと思うんだけど
朝起きるときだから周りは明るくて。
光りの玉がね、沢山浮かんでいてその一つの大きな玉が
ふわーっと下腹部に入っていったの。
別に恐怖感とかはなくって、
あれなんだったんだろうな~っていう感じでね。
まだ、何もないけどなんていうか守ってくれてる系
なんていうか、とってもピュアな感じが付いてるような気がする。

だからかな、なんとなく肝っ玉据わってきた感じある。
それと前から自分はかなりの引き寄せ体質だとは思っているんだけど
最近すごく思う、というか感じる直感みたいなものは


「遠巻きに見ていないで直接私と関わったらいいのに」


という感覚。うまくいえないけど、不思議な事は沢山起こっても
まだ私の中に入ってきていない、というか、外で起こっている感じで、
だから、私と関わりありそうでもスルーしているし
中身がないものはつまらないものに
なってるんだなーと思ったりしている。


なんだろうね、コレは。


上から目線というのともまた違っていて
私とまた別ななにかがそう感じているような
そういう感覚なのよね~。
そういえば、昔下積み時代にお客さんから


「占い師みたい!なんでそんなに私の事がわかるんですか?」


って言われてたなー。
得意の観察眼なのか、
なにか特殊な能力があるのかわかんないんだけど、
今、この人はこういうことに行き詰まってて、
本当はこう思っていて、
こういう自分になりたいんだろうな、
こういう仕事のほうが向いているんだろうな、
本当に似合うのはこれで、
人から見た自分になろうと苦悩しているな、
っていうのが分かる人間みたいなんだよね、今も。
だから、好みや服装、メイクなんか
似合うというものをアドバイスして
メキメキその子が変化して生き生きと
輝いていくのが嬉しかったりしてたなぁ、懐かしいわ。

だからなのか、私は相手の肩書きがナンであるかは見ない。
肩書きを脱がせ、服を脱がせ、ブランドを脱がせ
体も付きぬけ、丸裸の魂としてのこの人はどういう人か?しか見ない。

そうすると上っ面と違う側面が見えてきて
世の中の流れと違う見解が私の中に浮かび上がってくるんだよね。
正しいか正しくないか、真実か真実じゃないかはどうでもよくて
そういう人なんだな、と思うだけだったりする。
ジャッジはしない、そのうちやっぱりなと思うことがその人に
必ず訪れるから、良いことも悪いこともその人の型どおりに
人生は動いていくような気がするよ。

あ、それでね、今しきりに私の中でリフレインしている言葉は


「私と一緒に何かをすると世界が変わる」


というひとこと。
大げさに言っているのではなくって、たぶん真実なんだよな。
偉い学者でもなく、智識は薄いかもしれなくて、
使う言葉は稚拙極まりなくても、
私の言った言葉には魂が宿って、
不思議と流行りだすんだよね。
散歩もカレーもモヒートも99も。
たまに降りてくる直感めいたものがそう言っているんだよね。


「そうしなきゃ、つまらない魂のない世界なっちゃうよ。」


知識人や話題の若手のビジネスマン、アーティストが
とっかえひっかえするだけで新しいことは何も生まれない。
今までの組み合わせのルーティーン。

私のパッケージだけ使っても、中身が空だから意味ないよ。
他の誰かが使っても私のオリジナルの魂がそこになければ
空虚なものしかできない。自信なのかなぁ、分からないなぁ。

まー人生は大人のビターレモンほろ苦味ってことで!!!

うおう!うおう!眠い!
そろそろ書かなきゃね~色々と。
楽しかったあれやこれや。
不思議だったあれやこれや。

人生、ほんとに面白いなぁ。
皆様に奇跡アレ!!!
私にも奇跡起きないかしら?

ではまた書くね~
See You~♪











La leo litende leo 
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE