忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。









先日、3連休にこの写真展を観に行ってた。
ボラセンで一緒になった写真美術館のキュレーター藤村さんから
FBでお誘いがあり彼女がキュレーションした米田知子の
「暗なきところで逢えれば」を観る。

お昼にジャタイで本格タイランチを食べ、最近行った葉山美術館や
川崎市民ミュージアムの話をする。

この米田さんの作品、「重いよ~オ!」と藤村さんが
おっしゃるとおり目茶苦茶重かった。
途中、胃がキリキリして頭痛が起こってしまうくらい。

一言でいうと「歴史的残像」の映っている写真。

写真には番号だけが振ってあり、作品リストにタイトルと
説明が載っていて、なんだかざわめく写真だな、、、、と
思って目を落とすと蒋介石政権時代の参謀総長だった王将軍の娘
の部屋とあったりする。
壁は剥がれ落ち、黴の蒸すような臭いが立ち込めるなか、
生ぬるい風が湿気を帯びたカーテンを引きずるように
持ち上げている.....そんな感じでそこに何か亡霊でも
映っているんじゃないかと思わせる余白のとり方を
していてなんともゾワゾワ、ゾクゾクする写真達だった。










ガンジーや谷崎、安倍などの作家の眼鏡を通してみる手書き原稿なども気に入った。
その後、猿田彦珈琲でオススメのラテを飲みながらお散歩することに。









そしたら、こんなお店を見つけた!
「キッチン わたりがらす」だって。めちゃくちゃ気になるお店☆
自然派レストランらしい。いいよね、隠れ家的で^^








そしてここ!
アンティークショップなんだけど、イギリス中心にものが
置いてあって珍しくぬいぐるみのアンティークがあったり。
その中でも私が気に入ったのこれ!!!!!







ジャムのキャラクター「ゴーリー」
黒人のキャラクターなんだよ?なんだかすごくかわいくって
人目で気に入ってお店の人に色々きいたら英国ではすごく有名な
キャラクターで知ってる人は「懐かしい~」っていうらしい。
他にも昔のチョイ悪ミシュランや趣味のいいティーカップなど
ちびくろサンボやそのほかいろんな話を立ち話した。
なんだろう、凄く居心地のいいお店だったな。
英国の歴史も紐解くと面白いかもしれない。

また行こうっと!









さて、その翌週の土曜日。

今度は10年来の友人のかずきちゃんから
「君さ~お盆過ぎに連絡するっつってくれないじゃないさ~」
という連絡があり、テキサス土産もあるから会おうじゃないか!
ということで、彼女のお引越し先のこれまた恵比寿に
向かったわけですが着いて早々に
「あ、そういえば○○かずきになりましたんで。」
「えー???ちょっといつ結婚したの?ハヤッ!!!超急展開じゃん!
 この前テキサス行って引っ越すかもって話してたじゃん、、、。」
テキサス土産より、全く持って驚く土産をありがとうかずきちゃん。
あなたはさすが私の親友です。
「もー引っ越しする前にお父さんに挨拶したらアッサリ許しがでて
 びっくりしちゃったよーしかも、お父さん彼のこと気に入っちゃってサ。」
難関をなんなくクリアし、テキサスから帰って早々、婚姻届と引越しを
バタバタとやっちゃったらしい。









そんな祝い事に相応しい、お店「Le Lion」フレンチのお店でランチを。
かずきちゃんの知り合いがやっているお店とのこと。










赤ワインと前菜でカンパーイな私達は3ヶ月ぶりにしゃべるしゃべる。










彼女いつも髪を団子にするのがトレードマークなんだけど
バッサリショートカットになってて、私は逆にボブになってて
逆転したねーなんていいながら、仕事の事、恋の事、時には
辛辣に、時にバカ話しながら久しぶりにいい時間を過ごしました。








Lion風サラダとプロヴァンスオムレツをシェアしながら頂く。
私が20代の時に彼女とは仕事場が一緒になって、かつて私の好きな人を
介して友達になったんだよなぁ!なんてことを振返りながら話す。
私が絵描きなのを聞いて彼女から声をかけてきて、声が高くて柴犬みたいな
彼女を完全に年下だと思ってめっちゃタメ口聞いてたら5歳くらい
オネー様だったっていうね。

彼女とはなんていうか、正義感的な思想が似てるんだよね。
コヨナク心地よさ、気持ちよさ、楽しさを追求してて
長いものに巻かれず、弱い者の見方で、名声が大嫌いで。
人の幸せを素直に喜べる者同士で、嫉妬って言葉が
彼女と私の間には存在しないんだよね。
だから、楽なんだよなぁ。

愚痴を聞きあったり、バカできたり、互いの体を心配しあったり。
いつも彼女は私に服をくれるんだけどそれがすごく着心地がよくて、
私に似合うぴったりのものだったりする。
私を理解してくれてる、数少ない友達の中の一人。

だから、ものすごく大切な人だしこれからもずっと
バカな事言って生きていきたいなぁーって感じてしみじみと
しちゃいました。









この日も猿田彦で珈琲を飲んで、ハートがほっこりした。
彼女は式はしない方針のようだったのだけど
最後、改札で挨拶したときに
「もし、私が結婚するときは式にきてくれる?」
と聞いたらOK!と言ってくれてなんだか無性に
うれしくなっちゃってニコニコしながら帰る私がいました。

あー早くいい人みつかれ!

今日は歴史がキーワードな日記だったな。
See You~♪ 










La leo litende leo 
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE