忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ!
akieem zawadiです。

帰省日記2日目ですがこのブログ、実はこのアートを一番かきたかったんですよね。
昨日は物語風に書きましたけど、これからもっとアートや本、映画に音楽など
詳しく紹介していきますね!もちろん、私の主観的意見も表明しつつですが^^


-------------------------------------------------------------------------------------------------------


●『十和田市現代美術館』●

  http://www.city.towada.lg.jp/artstowada/index.html

 企画展示 
 Arts Towadaグランドープン記念
「愛はとこしえ十和田でうたう」 草間彌生展

 常備展示
 ジム・ランビー、ロン・ミュエク、山本修路、ジェニファー・スタインカンプ、山極満博、
 ハンス・オブ・デ・ピーク、オノ・ヨーコ、キム・チャンギョム、森北伸、栗林隆、椿昇、
 トマス・サラセーノ、アナ・ラウラ・アラエズ、スゥドーホー、高橋匡太、ポッレセートレ、
 マリール・ノイデッカー、フェデリコ・エレーノ、ポール・モリソン、マイケル・リン、
 チェ・ジョンファ



■草間弥生(1929・日本)
 http://www.yayoi-kusama.jp/
 
 1,シャングリラの女(無限の網)
 Woman of Shangri-La (Infinity Nets) 
 2002 
 松本市美術館所蔵

 水玉模様のマネキンが食卓にいる風景。
 床にはリボン型のパスタが敷き詰められていてにぎやか。
 思わず一緒に座りバナナでも食べたい気分に。


 2,私の魂を乗せてゆくボート
 A Boat Carrying My Soul
 1989
 フォーエバー現代美術館所蔵 黄樹 Yellow Trees

 船に派手な模様の布でつくられた芋虫のような形のぬいぐるみ(?)を所狭しとつけたもの。
 私には小さな蠢く炎に見え、三途の川を渡り行くイメージが浮かんだ。


 3,1994
 H162.0×390.0cm
 フォーエバー現代美術館所蔵 無題 Untitled

 唖然となる樹の根っこのような蛸の足のようなうねうねと絡まり合う巨大絵画。
 どこまでも繋がり合い、絡み行く様は人の気持ちの深さを思わせる。
 独特の水玉模様がネオンのように動き出しそうでドキドキする作品。


 4,1939
 H24.8×22.5cm
 作家蔵

 精神の病に侵されていた幼少時代に母の顔に水玉模様が見えそれを描いた作品。
 かなりTVなどで頻繁に見かける絵だったので感動。
 ノートに鉛筆の素朴だがどこか悲しく寂しさの漂う作品だった。

                                  *上記、4点抜粋


■ロン・ミュエク(1958・オーストラリア)
 http://www.foiltokyo.com/book/art/mueck.html

 スタンディング・ウーマン

 4mの巨大な外人のおばあちゃん。度肝抜かれます。
 こんな大物を常設展時の一番はじめにぶつけてくるセンスにやられました。
 その肌のシミ・シワや血管の細部、髪の1本1本までめちゃくちゃリアル。


■ハンス・オブ・デ・ピーク(1969・ベルギー)

 ロケーション5

 部屋全体が夜のドライブインのカフェのよう。
 リアルな高速道路のオレンジの街灯の光がトンネルの中かと思うほどで
 居心地がよいがどこか寂しさを覚える不思議な魅力のある作品。


■ヨーコ・オノ(1929・日本)

 念願の木(ウィッシュツリー/りんご)
 三途の川
 平和の鐘

 1996年から始めた平和を祈願するプロジェクトで願い事を書いた白い短冊を木に吊るす作品。
 LOVE&PEACE、ジョンの精神きちんと受け継がれてますね。
 団体のガイドの話を小耳に挟んだところによると、敷き詰められた玉石のが三途の川
 短冊は遺書にあたるとか。私もしっかりと願い事描いてきましたよ。


■スゥ・ドーホー(1962・韓国)

 エフェクト

 20cmくらいのマッチョなアカデミー賞のオスカー像のような人形が綱なり
 大きなクラゲのシャンデリアを思わせる作品。
 赤、オレンジ、透明のグラデーションが非常に美しい。
 生命の華やかさの一方でつねに生と死は表裏一体の関係であり、長い時間の真家で連綿と
 繰り返されて行くと言う輪廻転生的考えをモチーフに作られている。


■フェデリコ・エレーロ(1978・コスタリカ)

 ウオールペインティング/ミラー

 下絵のない即興の絵はカラフルでどこまでものびてゆく色のついた雲のよう。
 目玉のようなモチーフがそこここに描いてありどこか滑稽でかわいさ漂う作品。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
方言が飛び交う中、超現代インスタレーションアートを見るのは不思議な気分でしたが
侮るなかれ、素晴らしい展示の数々でした。現代アートハマりそうです。
頭の中の枠がパカっと外される気がしました。

いつも思うのですがアートは理解するしないとかじゃなく
ただ自由な発想を感じればいいのだと思います。

この展示の情報はFUJIKOちゃんという大阪の友達が教えてくれたのですが
いい情報あれば皆様教えてくださいませ。

よろしくおねがいします。


Big kiss & Dream
akieemzawadi







PR

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE