忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。



今年もまたやってきました!
自閉症を抱える作家達の絵画を集めた

『アトリエ・AUTOS展』

とても個性的な作品が集っています。






まずは、この展示の顔ともいえる市川さんの作品。




とにかく明るい色彩で、動物や架空の動物をモチーフにしていて
元気を私達に与えてくれるんですよね。

彼の趣味は旅行。

その旅行に行く為に描いて、そして描いた絵が売れると
そのお金で旅行へ行ってそこで受けたインスピレーションを
また絵に落とし込んでいるんですよね。

その行為が純粋に作家活動に反映してて行動的な性格がとても
現れているような気がしました。









シマシマのウマか羊のようなモチーフを使用した作品。
イソギンチャクや鳥のモチーフにバックをパッキリとしたブルーや
かわいらしいピンクで統一している作品。

何度も見ているんですが、何故か飽きないんですよね。









可愛らしい絵本のような動物達がダンスしているように
全体に鏤められているのは秋山さんの作品。

かわいい。

かわいいなーと受付の方に連呼しました。
最近バックの色を渋めに描いているとのこと。
その心境の変化が造る側の目線としてとっても気になるところでした。

あー叶う事なら本人に聞いてみたいなー。









そして、私が大好きな作家さんの持田さんの作品。
彼はなかなか作品と向き合う機会が減ってきているとの事で
ちょっと寂しいのですが、初めて見る作品もあり興味深々。

全てクレヨンを何層にも重ねて描いているので独特の色の深み
があって私は本当に彼の作品ならずーーーーーっと見ていられる
自信があります。

色彩はパリで活躍した藤田に通ずるものもあるような、、、
そんな気さえします。

版画のような黒い縁取りも特徴の一つ。
深みがあり、優しさと癒しに満ちていながらも力強さを感じます。

個人的には、上の夕景とお魚を描いたグリーンが気に入りました。





また、この彫塑もトゲトゲ・イボイボ、まるで古代遺跡のよう。
奇を衒わずに最大限に自由に描いている、これこそが
彼らの最大の個性であり、魅力なのだと思いました。

友人のアーティストは戦略を考えて成功している人も多く
私もそうしなきゃ、と焦ったり、悩んだり、また
どうするのが自分らしいのかなと考え込んで動けなかったり。

でも、彼らを見ると個性は作品に向き合っていれば
自ずと魅力は最大限に発揮できるのではないかな.....
と自分を省みるきっかけをくれたような気がします。

個性とは自由な自分を解放して、かつ、苦悩とも向き合う
その矛盾した先にあるものなのではないかと発見できました。

不思議ですね、毎回行く度に必ず新しい発見がある。
彼らに学ぶところが多いということなのだと思います。

次回もハガキが届いたら必ず立ち寄りたい展示です。
いつか作家達に向き合う日が来ると夢みながら....

ではまた、書きますね~
今度は横浜トリエンナーレと福島での同窓会についてです☆
素敵な詩人と仲間達です。

お楽しみに~♡
See you~♪






La leo litende leo
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE