忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父親の愛情料理

こんばんわ!
akieem zawadiです。

昨日に引き続き、帰省日記を書いていこうと思います。
本日は秋の味覚と父の心温まる愛情料理を紹介したいと思います。


母が胃潰瘍で倒れてから、台所はいつしか父の居場所となりました。
父は中学校の時に父親を亡くし、その頃から家事、洗濯、料理なんでも粉なし、
親戚のお店を手伝うなど働いていた苦労人。
ですから、父の料理の腕前は確かで特にラーメンにおいては「博道亭」と名乗り、
親戚に出張サービスして喜ばれたりしていました。

どちらかというと、亭主関白で「小皿とわさびと醤油もってこ〜い!」
というタイプなのですが、現在では手際よく料理を作りあっという間に食卓に
沢山の料理が並ぶ。。。といった感じで我が家のシェフ状態です。

そんなわけで
私の帰省初日の朝は豪勢で秋の味覚が盛りだくさんでした。

秋さんま+大根おろし、母親の為に作成した野菜のとろけるスープ、おひたし、栗カボチャの煮付け
お味噌汁(汁もの2つ!)、漬け物2種、梅干し、いくらの醤油付け、たらこ、栗、ぶどう。。。

驚いたのはその絶妙な塩加減とアイデア力です。
どこからか情報を仕入れて、日高昆布を野菜スープに加えていたのですが
その昆布が口へ入れるとスッととろけてしまう、おいしいことといったら!!!!
人参もやんわり、ホックリと甘く塩加減がちょうど良く、つい、おかわりしてしまいました。
母も「一番のごちそうだ!みんなに食べさせたい!」としきり。

そして、先日ブログで紹介したマヌカ蜂蜜をカボチャや栗にのせて食べたのですが
父と母がお互いに「あ〜ん」とやりあって熱いところを見せつけられました。
ウエッジウッドの紅茶といただく蜂蜜栗&カボチャはどこのパティスリーにも負けない
私にとって忘れられない贅沢なデザートとなりました。

父が食器を洗っている時に母が目をキラキラさせて、こんな事を言っていました。

「みんなに料理や家事をお父さんが全部やってくれてるんだというと
 ”いいね〜!”ってうらやましがられるの!」

今でこそ、弁当男子だとか主夫だとかキッチン男子が増えてきていますが
両親の時代はまだまだ「男子厨房に入らず」世代でしょう。
最後まで亭主関白を通す男性も多いはず。

でも。

愛情深い、苦労人の父は母の為に自ら世話をしたいと切望して、やる気満々で
それをなんなくこなしている。
それを大事に受け取る母。

二人の出会いはちょうど私くらいの年に知人の紹介で出会ったのだそうです。
母は当時を振り返り、まさか自分が結婚するとは思わなかったと話しています。
独身を決めていた母の意思を変えた父。
ツーリングや釣りなど奔放に出かける父を温かく見送る母。
そして、父や家族に尽くしてきた母に今度は父が尽くしている今。

2人の間には大きな「愛」という名の熱い川が流れているのを私は感じました。

結婚して1年も立たないうちに私を身ごもり出産したので、新婚生活と呼べる期間は
きっとごくごく短い間だったでしょう。

だから、私は両親に第二の新婚生活を送らせてあげたい。

私が実家に帰ったら2人の川にザンブとたわけ者が入り込む事になります。
父が「ギブアップ」と言うまでは2人だけにしてあげたい。
もし、父からそんな連絡が来たら私は荷物をまとめ、サッサと家を引きはらって帰ると思います。
それまではたまにお邪魔する程度でよいと思っています。

来月も実家に帰りますが、そしたら、沢山掃除をしていらないものを捨て、
その分、思い出を増やして来ようと思います。

大事な人との思い出は人生を形作る上で大切なエキスとなって受け継がれて行くでしょう。
私もいつか、両親のような素晴らしい関係を築ける男性と巡り会い、そして、
今度は私達が子供達へ「愛」を受け継いでいきたいと思います。

そんな日を夢見て今日は眠りに就こうと思います。
皆さんもいい夢を見れますよう祈っています。


Big kiss & Dream
akieem zawadi

PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

今までで

  • posted at:2010-10-15 11:23
  • written by:AYUMI
今までで一番好きなブログ。私が結婚しているから?感じるのかな。

亜希子のお母さんは本当に素晴らしい人。お父さんとも会ってみたいなあ。

人の人生ってさ、最後の最後まで本当に誰にも分からない。
その瞬間大変でも、苦しくても、
最後には寄り添ってきたことを、愛おしく宝物に思うかもしれないよね。

その瞬間が来るまでには、色々なことがあるけれど、何をしても、しなくても時は過ぎていくのなら「する」って選択をして生きていたいと私は思う。

亜希子の選択を見守っているよ♪



そうなんだ、ありがとう。

  • posted at:2010-10-15 21:43
  • written by:akieem
ぜひ会ってよ(笑)
心があったまるよ、マジで。

ケンカや言い争いって本来
お互いが理解し合う為にするものだと
私は思っているのね。

お互いが本気で向かい合って
お互いにとってこれでいい!と思えるまで
とことん話し合う事が大事ってこと。

非難の仕合は何も生まず疲弊するばかりでキライ。

ねじ伏せるでもなく
妥協するでもなく。
お互いを認め合い、尊重し合い。

だから、そういう関係が私は理想なんだ。

うちの親はね〜
私の憧れなんだよね。

なかなか、できる事じゃないと思うもの。
2人を見てるとね、たまに、涙が出そうになるよ。

母がね、父の幼少の苦労の話をするときに涙ぐむのね。
これが、愛なんだなぁって思って。

本当に素敵で大好きなんだ、2人が。
トラックバックURL
 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE