忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





こんばんわ!
akieem zawadiです。

今日も職場内の紀伊国屋書店でいい本に出会ったので紹介いたします。
私も幼少の頃、よく読みましたが年齢問わずお世話になっている人も多いのでは??


今日紹介する絵本は、ロングセラーのシルヴァスタイン『大きな木』です。
新しく村上春樹訳で生まれ変わりました。

これを読んで私は。。。。やっぱり号泣です。
焦ってストールで一生懸命に目を拭ってました。


この絵本は「無償の愛」がテーマになっているようですが、
私はこれを読んで真っ先に「これは親子の愛」だな、と思いました。

ぼうやはあれが欲しい、これが欲しいという。
来てくれないと寂しい、でも来てくれたら自分に持ちうる全ての物を差し出す木。
そして、与える事で幸せになる木ともらう事で幸せになるぼうや。

こどものとき、私は意味がわからず「ふーん」という感じでした。
あくまでも私はぼうやと同じ立場だったからです。
でも、今大人になって改めて読み返すと私は木の気持ちが分かりました。
愛おしくて大好きなぼうやには何でもしてあげたい、それが自分の幸せだから。

いつの日か分からないけれど、私が親になったら子供にあげたい1冊です。

泣ける絵本は山ほどあります。
一度、活字は小休止して昔読んでいた絵本に目を通してみるのもいいですよ。
何か昔とは違う印象で、グッと心に迫ってきますから。

では、最後に村上春樹氏のあとがき(抜粋)ものせておきます。
何か感じてくれるとうれしいです。


  あなたはこの木に似ているかもしれません。
  あなたはこの少年に似ているかもしれません。
  それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。
  あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
  あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。
  それをあえて言葉にする必要もありません。
  そのために物語というものがあるのです。
  物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。



Big kiss & Dream
akieem zawadi






PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE