忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『愛情生活』 荒木 陽子 / 作品社

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。








昨日の夜は小食だったので朝起きたてに体が
甘いものを欲して、ミスドミスドっていうから
一番近い桜新町のミスドにASANPOがてらいってきた。

小脇に抱えた本は購入後、読まなきゃ、読まなきゃと
思いながらずっとランプの横に飾ってあった
アラーキーの奥さんが書いた『愛情生活』。

セレクトしたドーナッツは
七夕に食べてやろうとおもっていたのに
食べそびれた星型のドーナツと
惑星みたいなバナナチョコリングドーナツ。
そして冷えたアイス・ラテ。
寝ぼけた頭にズンズンと効いてくる感じがいい。

冒頭の部分は、結構アラーキーの本に使われている銘台詞。

「物想いに沈んでいる表情が良い、と言ってくれた。私はその言葉にびっくりして、
 じっと彼を見つめていたような気がする。
 その時までの私の世界は、きっと、原色だっただろう。けれど、その原色は渋い
 ニュアンスのある色に変わろうとしていた。一人の男の出現によって、季節が
 はっきりと区切られていくのを、密かに自分の心の中に感じていた。
 私、20才。彼、27才。冬の終わり頃だった。」

なんだかいい。
カフェラテがさらにおいしく感じられるくらい、いい。
しみじみ、いい。

アラーキーは前から大好きだったけど、
陽子さんも負けずに大好きになってしまった。
中身はもう、破廉恥で隠微で、それでいてイキイキとしたユーモアと
センチメンタルなセピア色に満ちた2人の結婚生活の本である。

これが読まずにはおられましょうか?

これぞ私の理想No.1の夫婦。
愛に満ちてすばらしいの。
男は一人では男になれないし、女は一人では女になれない。
互いをそれらしくする存在があってこそ。
アラーキー失くして、ヨーコ存在せず、その逆もしかり。
この本は褒めすぎではなく、そんな男女の軌跡を書いたものなんだなー
とただ、ただ、涙と笑に浸りながら頁を捲るのみ。

途中、緑に溢れた公園を見つけ、そこで猫と2人きり読み耽る。
最近、眼精疲労がひどくて恐ろしい頭痛にさいなまれている私としては
無理せず、読了はしてないけれど、ゆるりと気がせいでない時間に
たっぷりとこんなに素敵な本を読める幸せを想う。そして、

「あーふたりっていいなぁ。夫婦っていいなぁ。」

と、素直に想ったわけなのでした。
こんなに熱烈に愛されてみたいな、
涙がこぼれるくらい
ハートがカッカと燃え盛るくらい
旦那様に見つめられてみたいな、
そして照れて相手が目を瞬かせるくらい
見つめ返したいな、

そう緑の藤の木漏れ日の中
涙と共に久しぶりに胸が熱くなりました。
夫婦になってもこういう風に濃厚なふたりでありたい。

そう想える本でした。
読了したら、セピア色に胸が締め付けられるんだろうなーと
近い未来に想いを馳せながら今日は眠りに就こう。

3連キューにいい本をありがとう。
また何か読んだら書くね!

See You~♪










La leo litende leo
Akieem Zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE