忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




こんばんわ。
akieem zawadiです。

本日は、先日実家に帰ったときに買った本を紹介したいと思います。
先週の日曜日、父から送ってもらった荷物の中にこの本が入っていました。

実家近くのコンビニにあったその本をふと手に取り、
パラパラとめくった瞬間に

「これ買おう。」

と決めていました。

大震災に関する本は世間にきっと沢山あふれているのだろうけど
私は大小の独特なフォントにある意味リアルな感覚を感じ
どうしても手元においておかなくてはいけない本のような気がして
買ってしまったのでした。

昨日は、震災から5ヶ月ということをすっかり忘れていたのですが
テーブルの上にあったその本を手に取り、ソファによりかかりながら
見出しと写真にひとつひとつ目を留めてみていました。

すると、

「この、恐ろしい黒い波に飲まれたとき、どんな気持ちがしただろう。
 このビルがなぎ倒されたときの音はどんな轟音だっただろう。
 瓦礫の中から掘り出された時の気持ちはどんなだろう。
 せっかく助かった者同士が肩を寄せ合い助け合って暮らしていた避難所から
 仮設住宅へ個々に散らばって暮らすときの孤独感はどんなだろう。
 家族はいなくなった小学生はどうしてこの笑顔を作れるんだろう。
 死を覚悟して只管耐えたら、ある日自衛隊に助けられたときの気持ちはどんなだろう。
 肌を刺すような東北の寒気の中、
 手を繋いだ温もりを感じたとき人はどんな気持ちになるのだろう。
 本当の闇の中で見た、景色や聞いた音はどんなものだったのだろう。
 自分の気持ちが破壊されていく事を必死に押さえ込むときの気持ちはどんなだろう。」

そんな事を考え出し、被災者と同化するよように思い描いていたら
いろんな映像が浮かんできて、猛烈に悲しくなり、そして頭が痛く鳴りだしました。
そして、黒い海が無差別に人の命を飲み込んだ写真を見ながら
生きることの意味を考えました。

「死ぬと分かっているのに、生まれるってなんだろう?
 出会っても引き裂かれるのはとっても悲しい気持ち。
 そしたら、人との出会いって何?
 なんで、私は生きているの?
 私には使命はあるの?
 私にできることはないの?」

ぐるぐる頭の中で泣きながら考えました。
本当にもう、ぐるぐると。すると、

「でも、目の前に死にそうな人がいて生き返ったらきっと死ぬほど嬉しいに違いない。
 『命』を感じるために私たちは生かされているんだな。」

という結論が出てきました。

弱い命、強い命、暗い命、輝く命。

私たちは「命」を実感するために生きているんだなぁと思いました。
そしたら、その「命」がなくなったら今度私たちは何をどう考えるのだろう。
今度はそんな疑問がわいてきました。

今まで私は祖母を事故で亡くした「残された者の気持ち」を
強く文章で書いてきましたが、今回は亡くなった側の視点で
この震災を考えてみました。

霊だとか、死後の世界だかスピリチュアルな事ではなくて
思考を持ったまま肉体だけ滅んだときに人はどう考え、
どう行動するのかそんな事を考えてみました。
すると、不思議なことに
母親は残された子供の事を
体の不自由な母親を持つ娘なら残した母の心配を
家族のある一国柱のお父さんは家族の事を
正義感のある街の消防団の男性は街の市民の安全を
想ったではないかなと、いう気持ちになりました。

驚きなのは死んだ自分の事より、自分にとって
”掛け替えのない存在の誰か”の心配をしている姿が目に浮かんだ事でした。

「私は死んでしまった。だけど、今も私はあの人とは繋がっている。
 そして、残されたあの人はいつか誰かと繋がって幸せになってほしい。」

そういう、メッセージが自分の中に浮かび上がるのを感じました。
自分の命を輝かせ、生きてようと、死んでようと関係なく繋がってゆくことが
私たちの使命なんだ。私でいうならば、繋がることをイメージして物を
作っていけばいいのだな、という結果が出ました。
頭はガンガンに痛く、朦朧として、涙で顔はぐしゃぐしゃでしたが
出た結論はクリアで温かく、やわらかい自然な感覚のものでした。

「この文章も誰かが読んでその誰かと繋がって、また自分の世界が広がってゆく。
 そして私の描く絵も誰かと繋がるきっかけとなる。」

以前は心のケア云々と言っていたけど、そういった表面上の話ではなくて
もっと感覚的、直感的にダイレクトに誰しもの心の中に
とどく何かを作ろうという気持ちが出てきました。

被災者だけでなく、命あるものすべてが繋がって温かい気持ちに包まれますように。
この日の気持ちを忘れずに作品を作っていこうと思います。

こんな気持ちにさせてくれた記録の数々、
気になる方はぜひ手にとってみてください。







la leo litende leo
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE