忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。


さー夏本番ですね~^^
今年はバテないようになるべく
日に当たるようにしてるんですが
若干疲れたかな~


さてさて、本日は最近ちょっと自分でもビックリな
シンクロニシティーを経験したのでその事について書きますね^^

皆様にもきっと、経験はあると思います。

「あれ?友達と同じ事言おうと思ってた!」

「遠くに居る家族と同じ時間に同じ事考えてた!」

「最近、”同じ言葉や数字”に出会う機会が多いけど、なになに?これって偶然??」


など、など不思議と他者やリフレインする事柄に立て続けに出会い
「あら、何か意味があるのかしら?」と深く考えさせられたりすること。
俗に言う「引き寄せの法則」というものもそうかもしれません。
かく言う私も、結構引き寄せ体質で「ほしいなー、やりたいなー」と思っていると
早くて3ヶ月遅くても2~3年で欲しい物や夢が手にはいったり叶ったりします。

上京する前に少々ビビった経験をお話しておきましょう。

その当時読んでいた本で


『殴られ屋』





という1憶5000万借金返済のために元ボクサーが新宿で1分間¥1000で
酔っ払ったサラリーマン相手にストレス発散に殴られる事を職業とした本があり
「わ、この人カッケー!」と思ってめちゃくちゃボクシングをやりたくなった時期がありました。

しかし、そこは田舎。

その当時身近にボクシングジムなんてありませんし、やるとしたら
高校生のボクシング部くらいなもので、ボクシングダイエットなんて
今のように洒落たものもありませんでした。
しかし、憧れに憧れて日々過ごし、しかし何も起きず上京する1年前。

近所のスナックがついに潰れた、と思ったらそこに入ってきたのがボクシングジム。
「げげ!本当になったー!!!!でも、なんでこんな所にジムなんか....?」
と自分でも若干引きました。妹にも「おねえ、良かったじゃん、ボクシングできるじゃん笑」
と弄られましたが、入部できないまま上京してしまいました。
しかも、そのジムは未だにしっかりと経営されており、冬には窓を
真っ白に曇らせて男達が日々汗を流しております。

私はふいに、物事が浮かんできたり、すぐに影響を受けやすいタイプで
しかも熱狂的な感じなのできっと「引き寄せの法則」とやらが働くのだと思うの
ですが、今回の経験はもはや、「引き寄せの法則」を超えていました。

皆様もご存知、現在公演中のバットマンシリーズの映画

『ダークナイトライジング』






今回私を驚愕させたのはこの映画の製作背景について映画評論家、コラムニストの
町山智浩さんがラジオで語った内容を知ってからです。

私はこの映画をまだ観ていないのですが、皆様もご存知の通り映画館で乱射事件が
起き話題になりました。犯人は前作の「ダークナイト」でジョーカー役に影響されて
乱射をしたという話もあるそうで、悪役を演じた演じたヒースレジャーが影響を
受けすぎて亡くなってしまったり、アカデミー賞のルールを変えたり、
アメリカではこの映画は影響力のありすぎるくらいの映画なのだそうです。
しかも、驚きなのが最近ウォール街であった「我々は99%である」のウォール街を
占拠せよ運動と内容が告示しているということなのです。
しかも、悪役である方のベインがその民衆の代表のような感じで、善と悪の境が
本当に曖昧で考えさせられる、という内容になっているようなのです。
製作者のクリストファー・ノーランは「二都物語」を参考に作っていると語っている
そうなのですが、あまりに酷似しているので物議が醸されている模様でした。


で?
どこが、あなたと関係があるの?


という話なんですが、このブログの名前..... 「akieemzawadi-the-rigingsun」
これは「夜明け前が一番くらい」ということわざからヒントを得て
無名な私がデビューするまでを書くつもりでBlogを書いているわけですが
「ダークナイトライジング」のライジングを聞いて「ん?被ってるねー」くらいに
思っていたところが、ウォール街での占拠せよ運動がその内容と聞いて
「ええ!?Tisinitisa99とも数字被ってんじゃん!!」と怖くなったのです。


この「我々は99%である」占拠運動やこの数字の意味、繋がりについては、
HPの内容やBlogにも既に書いています↓

http://tisinitisa99.uijin.com/99aboutas.html

http://tisinitisa.99ing.net/Entry/9/

もう少し、この数字に着目してみないか?という考えから書いたものです。
というのもこの数字はあまりいい事には使われていないからです。


しかし、調べてみると不思議な繋がりがあったりします。
例えば、、、

・柳田國男『遠野物語』第99話は三陸津波の震災の話をベースに書かれている
・イスラム教の神アッラーの別名(美名)は99個ある


などなど、、震災の事、そしてかなり昔に作られた宗教にも不思議な縁があるのです。

私は普段見過ごされているものにこそ、命や意味があったりするという
考えを持っているので、なんだか時空を超えて同じ考えを持った人に出会うのは
この上なく嬉しいものなのです^^


この2つのネーミングは、ほぼ同時期に頭にふと浮かんだり、調べてみて
語呂や響きがいいというだけで簡単に付けられたものです。
しかし、時間や空間を遡ったり越えたりして何か通じるものを感じてしまった。


これは暗に

「パクったんじゃないか?(そんなわけないけど)」

という安っぽいものでもなければ

「私が予知したのだ(ま、これもそんなわけないけど)」

という高尚なものでもありません。


同時期くらいに、別な場所で同じような直感または感覚の人がいた
ということなのかな、と自分なりに判断しました。
なんというか、、、壁越しににょきにょき伸びたつくしが壁を越えて
「やぁ!」と挨拶をしている感じです。

私はこの映画と出遭ったのは偶然ではないと思いたい。
人から見たら、大したことないように思うかもしれませんが
作った本人からしたら、なんだかアメリカの誰かと頭の中で繋がっているような
気がしてやっぱり嬉しいのです。
そして、人間の本能の凄さを改めて実感するのです。


映画好きの友人が悉く、いい!感動した!号泣!を聞いた上にこれを
聞かされたので観に行く予定ではいるのですけれど、なんだか
私歴史に深く掘り込まれる名作になりそうな予感がしております!



この話を知り合いのコンサルの方に話したら、「鳥肌たった~!!!」
と早速音源を探してきてくれました。良かったら聞いてみてください。

それがコチラ↓

http://nicoviewer.net/sm18437573


不思議な繋がりってあるものなんですね!
そして、人生って、映画って本当に面白いものですね!( 水野晴郎風に)


では、観終わったらまた、感想書きますね~
See you~♪











La leo litende leo
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE