忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『おくりびと』 滝田洋二郎

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。
本日ご紹介する映画は

滝田洋二郎監督の『おくりびと』です。





本作『おくりびと』は実は前々から観たいと思っていた映画ではありましたが
友人から、「観た後に実際に友人が事故死してしまったので
その準備だったのか、、、と思ってしまった。」と報告があったり、
この映画が評価されていたときには親が癌になっていたり、
昨年は震災があったりと何かと避けてきた映画でした。
今回は自分的に踏ん切りがついたというか、今日という日に相応しい
観るべきだという直感から本日観る事に決めました。

観た感想は、、、、、

ずっと号泣でした。
涙と鼻水が止まらず、ティッシュBOXを抱えながら観ました。
それは映画の内容だけでなく、自分の故郷やこのブログ内で作成した
詩と激しくリンクした箇所があってどうしても共感に心が震え、涙が止まらなく
なってしまったようなのでした。舞台は山形県酒田市という設定ですが


川に鮭が上る光景

山の峰をバックに白鳥が飛来する情景

田園風景に飛び交う方言

地方ならではの人の荒っぽさや温かさ


そんな風景が否が応でも故郷岩手を思い出さずにはいられませんでした。
さらに本木さんのチェロを引く姿は宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」を思わせました。



また、かつて私は故郷でビーズアクセサリー販売をしていた折
石について勉強していたせいか「石文」のくだりにはグッときました。
情景だけでも激しく個人的に響いたわけです。

しかし内容はさらに素晴らしかった。
最初は勘違いやかっこ悪さ、そして偏見に満ちた序盤も
広末演じる妻が実家に帰ってから終盤まで「納棺師」という仕事の素晴らしさ、
厳しさ、誇り高さなどが徐々に描かれ明るい未来を思わせる夫婦愛で
エンディングまでの流れは非常に美しい。


特に個人的に好きな点をあげると


■本木さんの納棺師の所作の美しさ
これは山崎さんも同様、死後硬直で固まった筋肉を
解すためなのでしょうが手や顔を握る動作がなんとも美しく温かい。
手に拘る私の感覚と似たものを感じました。
また、祖母のお葬式を思い出し激しく泣いてしまいました。
20年前の事でも人間思い出すものなのですね。


■死に化粧をして死体が遺体へと変わる瞬間
 母親の紅を刺した赤い唇

死体のままでは故人の面影が損なわれているのですが、化粧をした後では
まるで生きていて眠っているかのような面影が浮かび上がり、
その瞬間に故人と遺族が繋がりちゃんとお別れをする事ができるように
納棺師がお手伝いする姿美しいと感じました。
さらに、私がかつて作った詩と映像が酷似していたのでビックリしたと同時に
自分に降りた感覚は間違ってなかったと確信したシーンでした。
気になる方は読んでみてください→「君ノ手と朱漆盆と紅」


■広末さんの演じる妻の目線
夫を見守り、見つめる妻を見事に演じきっていました。
頼りない夫、私なら怒っているだろうな、、、という所でもグッと抑え
笑いながら流す。そして偏見や意見の相違も夫の真剣な姿を見て徐々に
応援する側へ回る。女の底力や底知れぬ母性ともいえる優しさ。
とにかく素晴らしかったです。
第81回アカデミー賞 外国語映画賞/第32回モントリオール世界映画祭 グランプリ
取れたのも広末さんの熱演によるもの、そしてこの姿こそが大和撫子なのかも
しれませんね。個人的に私もこんなふうに夫の仕事に誇りを持ち、
温かく見守れるような妻になりたいなぁと思いました。


■笹野さん演じる火葬場の職員が棺の窓を閉めるときに言う
 「また会おうのう」という言葉

私の信条に「逢うべき人とはまた出遭う」というのがあり、私は決して「さよなら」は
言いません。それが例え、死の別れであってもそうです。
なので、この言葉の後に続く
「死ぬ事はお別れではありません。門出なんです。私はその門番をしているんです。」
という言葉がすごく生きてきて、このシーンは目茶苦茶感動しました。
そして、燃やすのがうまい自分に銭湯を共同経営しようと持ちかけた銭湯の女主人
とのクリスマスの慎ましいパーティーの情景をトツトツと語る職員の姿。
映像を言葉で見せる素晴らしい演出でした。

その他にも、お父ちゃんに娘や母達が雛人形を前にキスマークをつけたり
おばあちゃんが生前履きたがっていたルーズソックスを高校生の孫が履かせたり

家族によって弔い方は様々で、こうあるべき、などと括られるものなどではない
事が表現されていたように思いました。そして、動物・人間・老若男女に関わらず
「命」は平等である事も終始一貫して表現されていたように感じました。
(自由な弔い方でいうと、黒澤明の『夢』の「水車のある村」に通ずるものが
 あるような気がしました。)

また、山崎努さんの演じるNKエージェント社長もいい味出してましたよね.....
山崎さんの出演って伊丹十三監督の「お葬式」に対するオマージュだって
思うんですけどたぶんそうですよね?勝手にそう思っています。
いいよなぁ~こういう演出も。



   ▲お葬式


とにかく、良作でした。
おなかいっぱい、涙いっぱいでした。
観てよかったと思います、超お勧めです。

では、また何か映画あったらガッツリ私なりの見所を
お伝えしますね~(ネタバレ御免!)
See You~♪


---------------------------------------------------------

■STORY
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた
大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。
面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、
業務内容は遺体を棺に収める仕事。
当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、
納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。

-----------------------------------------------------

■キャスト
本木雅弘
広末涼子
山崎努
峰岸徹
余貴美子
吉行和子
笹野高史


■スタッフ
監督        :滝田洋二郎
脚本        :小山薫堂
製作        :中沢敏明/渡井敏久
製作総指揮   :間瀬泰宏
音楽        :久石譲
撮影        :浜田毅
編集        :川島章正

---------------------------------------------------------





追伸:

実は、本日は私が陸前高田へ花の種を贈るプロジェクトを
始めるきっかけとなったボランティアへいった日です。
(2011/10/28の日記より「あるチベットの僧侶の教え」
ずっと避けていた映画をこの日に観たのはきっと
震災でなくなった方々を自分なりの方法で弔いたかったからかもしれません。

最後に陸前高田のお母ちゃんと海に眠る娘さんの美穂子さん、そして
震災で家族を亡くされたご遺族と亡くなられた皆様に対して
本日の日記を捧げたいと思います。









La leo litende leo
akieem zawadi
PR

『Elegy』 イサベル・コイシェ

こんばんわ!
akieem zawadiです。
本日ご紹介する映画はペネロペ・クルス主演の大人の切ないラブストーリー

『Elegy』

です。



この前借りてきたDVDを今日見たのですが
ことのほか良かったので書いてみようと思います。
ピアノの音に乗って静かに始まる大人の恋愛ドラマです。
初老の男のどこか自嘲的でいてそれでいて、真剣な自分の気持ちに戸惑い
動けない自分へのもどかしさゆえに相手を遠ざけてしまうような失態を繰り返す悲しみ。

嫉妬、憧れ、畏怖。

若い女の艶やかで奔放な肢体が男を翻弄してゆくが、その若さゆえ
男の大人の恋愛の駆け引きに次第に疲れてゆき男を断ち切る決断を選択する苦しみ。

不信、裏切、諦め。

お互いの気持ちが絡まり、そして
深い愛へと繋がってゆく静かなエンディングはいい。

男は「老い」という形で
女は「病」という形で

人として「朽ちる」という絶対に逃げられない宿命に「愛」という形で真摯に、
果敢に挑んでいるけなげな姿がそこにあります。

「失いたくない」

という気持ちが真実の「愛」なのだと思いました。

女性をセックスの対象としか見ていなかった男が
女を真剣に愛するようになり女の病を打ち明けられた時
涙を流し、「君が取り乱したときは夜でもいいから直ぐに連絡をくれ。」
と話しているシーンはグッと来ます。

明日はバレンタイン。
このほろ苦DVDで本当の大人の「愛」を体感してみませんか?

---------------------------------------------------------

■STORY
黒髪の美しい学生コンスエラと
カリスマ的な大学教授デヴィッドは、
出会った瞬間から惹かれあった。
一夜限りの関係を求めたデヴィッドだが、
コンスエラの芸術品 のような肉体の虜になり、
一方のコンスエラは大人の愛に心を奪われる。
生まれて初めて身を焼き尽くすほどの情熱に駆り立てられる二人。
だが30歳を超える年の差は男を不安にし、
コンスエラはその愛の駆け引きに疲れて、遂に彼の元を去った。
しかし2年後、彼女はデヴィッドの前に突然現れ、
ある願い事をするのだった..........。

-----------------------------------------------------

■解説
現代アメリカ文学の巨匠、フィリップ・ロスの短編小説
「ダイング・アニマル」を映画化した大人の愛の物語。
セックスから関係をスタートさせた男女が、
真の愛に目覚めるまでをしっとりと描く。
身勝手な大学教授役に『砂と霧の家』のベン・キングズレー。
美ぼうのヒロインをスペインを代表する若手女優、
ペネロペ・クルスが体当たりで演じている。
男女の間に横たわる深くて暗い溝にため息をつきながらも、
愛への希望を抱かせてくれる。

■キャスト
ペネロペ・クルス(『ボルベール<帰郷>』)
ベン・キングズレー(『シンドラーのリスト』)
デニス・ホッパー(『地獄の黙示録』)
パトリシア・クラークソン(『エデンより彼方に』『それでも恋するバルセロナ』)
ピーター・サースガード(『ニュースの天才』『フライトプラン』)

■スタッフ
監督:イサベル・コイシェ(『あなたになら言える秘密のこと』)
原作:フィリップ・ロス著「ダイング・アニマル」
脚本:ニコラス・メイヤー(『ジャック・サマースビー』)

---------------------------------------------------------



La leo litende leo
akieem zawadi
こんばんわ!
akieem zawadiです。
本日はバレンタインデー特集映画

『エターナル・サンシャイン』

をご紹介いたします。






今日は久しぶりに公園を散歩し、DVDを借りてみました。
ずっと気になってて、ようやく手にしたDVDでした。
バレンタインも近いし。。。ということで感想を今日は少しだけ。

(ストーリーは下記参照)

ある一部の記憶だけを消すという事が本当にできるのか分かりませんが
この映画では脳の一部の反応を焼き殺すイメージで表現されていました。
(『カッコウの巣の上で』も確か脳手術で記憶消してましたよね。)

ネタバレで申し訳ないのですが、人は記憶を消去しても結局惹かれ合うもの....
そこがこの映画の原点でした。

記憶を消したはずのクレメンタインが彼との思い出に行った川の上で
別な男性から彼と同じ言葉を言われて「なんか違う!」とばかりに急にムクっと起き上がり
帰ってしまうシーンで、私は「記憶や感覚は残っているんだ!」と涙が溢れてきました。

彼らのキラキラした楽しい記憶、その全てが消去されていく恐怖や悲しみ。
「消えないで!」という祈りが通じず結局消さてしまう記憶の束。
しかし、記憶のないはずの彼らが偶然的に必然的に出会い惹かれ合い
そしてまた解け合ってゆく。

見ていてふと、「輪廻転生」という言葉が浮かびました。
人は死に、また、生まれ変わって人生を幾度も生きる仏陀の教えです。

人が死に、また記憶を消し去られこの世に産まれてくる。
しかし、前世の記憶できっとどこかの人生で一度であった人は
また運命的に出会っているのではないのでしょうか。
そして、強く、強く運命的に引き寄せられて行くのでしょう。
この感覚は何なのか。。。。と思った瞬間がきっと
以前経験した記憶の断片なのかもしれませんね。

そんな気がしました。

悲しくて苦しくてたまらない消したい記憶がある人、
もしくはどうしても切ないくらいに惹かれてしまう相手が
できたときに観て欲しい作品です。


---------------------------------------------------------------------

■STORY
バレンタイン目前のある日。
ジョエル(ジム・キャリー)は不思議な手紙を受け取る。
「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。
今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」
クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)は
ジョエルが最近喧嘩別れしてしまった恋人。仲直りしようと思っていた矢先に、
彼女が自分との記憶を消去してしまったことを知りショックを受けた彼は、
自らもクレメンタインとの波乱に満ちた日々を忘れようと、
記憶除去を専門とするラクーナ医院の門を叩くが・・・。

-----------------------------------------------------

■キャスト
ジョエル・バリッシュ: ジム・キャリー
クレメンタイン・クルシェンスキー: ケイト・ウィンスレット
メアリー: キルステン・ダンスト
スタン: マーク・ラファロ
パトリック: イライジャ・ウッド
Dr.ハワード・ミュージワック: トム・ウィルキンソン ジェリー・ロバート・バーン
トーマス・ジェイ・ライアン
ジェーン・アダムス
デヴィッド・クロス

■スタッフ
監督:ミシェル・ゴンドリー「ヒューマンネイチュア」
脚本:チャーリー・カウフマン「マルコヴィッチの穴」
製作:アンソニー・ブレグマン
   スティーヴ・ゴリン
製作総指揮:デヴィッド・ブシェル
      チャーリー・カウフマン
      ジョルジュ・ベルマン
      グレン・ウィリアムソン
原案:チャーリー・カウフマン
   ミシェル・ゴンドリー
   ピエール・ビスマス
撮影: エレン・クラス
美術: ダン・リー
衣装: メリッサ・トス
編集: ヴァルディス・オスカードゥティル
音楽: ジョン・ブライオン


---------------------------------------------------------------------


La leo litende leo
akieem zawadi

『SMOKE』ウェイン・ワン

こんばんわ!
akieem zawadiです。
本日は私の大・大・大お気に入りの映画

『SMOKE』

を紹介したいと思います。





ブログを書いてない事で安否を確認されてしまいましたが
Akieemは無事元気に生きています!
今日はお約束の「クリスマスDVD特集 第二弾」を書きたいと思います。


この映画は昔から、大、大、大好きな映画です。
淡々としていて人によっては好みが別れるかもしれませんが、渋くて
噛めば噛むほど味のでる大人のシャレの利いた傑作といっていい映画だと思います。

私は煙草を吸いませんが、この映画は漂う「煙」なくしては語れない映画です。
人生と煙が重なり、全てにおいて「粋」で、渋さがたまらなくカッコイイ。
悲しみをクスリと笑いに変えて、テーマとなる「優しい嘘」が
その悲しい真実を包み込んでくれる。

映画の中の嘘はすべて、相手を思いやる「優しい嘘」です。
そして嘘と知りつつも受け取っている方もまた、その嘘によって救われている。

特に好きなシーンを紹介します。

1.冒頭、小説家のポールが「煙草の煙の測り方」の話をして
 その後のタイトルとともに煙草に火をつける音が入る。
 「くぅ〜!カッコイイ!!」としてやられた感、冒頭からのめり込めます。

2.小説家ポールの命を救った黒人少年ラシードが蒸発した父親に
 実の息子だと打ち明けるシーン。親子ゲンカになり、仲裁しようとした
 煙草屋オーギーのスネを父親コールの奥さんが蹴飛ばしオーギーが蹌踉けて、
 ケガを負っている小説家ポールにぶつかりそこにいる男性全員が
「イテテ、イテテ」とのたうち回るシーン。日本のコントのようで、
 クスリと笑えます。(製作に日本人がいいるからかしらん??)

3.昔の女ルビーにオーギーが自分の子供か分からないのにもかかわらず
 5000$をポーンとあげてしまい、ウィンクして去って行くシーン。
 なんだか、ルパンと不二子みたいです^^カッコイイ!

4.オーギーのクリスマスのいい話の後、エンディングテーマに
「煙が目にしみる」が流れてきます。
 最後まで渋くてたまりません。
 


人生の深みに触れる事のできる、観ているとほんわかした気持ちになる映画です。
殺伐としている昨今、こんな映画を観て温かい気持ちになるのもいいものです。
クリスマス、恋人と過ごす方も、友人や家族と過ごす方も、仕事に追われている方も
全ての人にオススメの映画です!!!!

ちょっと古い映画なので間近でも借りられるかも。。。w

ちなみに、サントラもR&BやJAZZなどが満載でオススメです。
NYが感じられるかもしれませんよ★

ぜひ、観てみてくださいね〜♪

-------------------------------------------------------------------
■STORY

NYの下町ブルックリンを舞台にした群像ドラマ。
本作の魅力は、ブルックリンの街に限りなくなじんでいる俳優たちだろう。
10年以上もの間、毎日、同じ場所にカメラを向けるタバコ屋の店主に
ハーヴェイ・カイテル。
店の常連客で、店主の写真のなかに亡き妻の姿を見つける作家
ウィリアム・ハート。
そこにもうひとり、作家を交通事故から助け、父親を探す黒人少年。
映画が進むにつれ、3人それぞれの家族関係が浮き彫りにされていく。

ドラマチックな展開が用意されているわけではなく淡々と進む物語だが、
その分、要所でドキリとさせる一瞬が訪れる。
たとえば、凍死した父を発見する息子が、
すでにそこで眠る父の年齢を越えていたというエピソード。
また、強気を貫いてきた娘が、両親に背を向けられたときに浮かべる悲痛な表情。
そんな心に引っ掛かる映像の数々が、じわじわと感動を高め、
締めくくりは、すべての人を優しく包み込むような「いい話」。
上質な文学作品の香りが漂う、逸品だ。(斉藤博昭)

---------------------------

■監督 ウェイン・ワン
■製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
    ハーヴェイ・ワインスタイン
    井関惺
■製作 ピーター・ニューマン
    グレッグ・ジョンソン
    黒岩久美
    堀越謙三
■脚本 ポール・オースター
■出演者 ハーヴェイ・カイテル
    ウィリアム・ハート
    ストッカード・チャニング
    ハロルド・ペリノー・Jr
    フォレスト・ウィテカー
■音楽 レイチェル・ポートマン
■撮影 アダム・ホレンダー
■編集 メイジー・ホイ
■配給 ミラマックス
    日本ヘラルド映画
■公開 1995年6月9日
    1995年10月7日
    1995年10月19日
■上映時間 113分
■製作国 アメリカ合衆国
     日本
     ドイツ
■言語 英語
■次作 ブルー・イン・ザ・フェイス

---------------------------

■オススメ映画blog
http://makemyself.blog64.fc2.com/blog-entry-416.html

-------------------------------------------------------------------




Big kiss & Dream
akieem zawadi
こんばんわ!
akieem zawadiです。
今日は私のテッパンDVDである

『天使にラブソングを...2』

を紹介したいと思います。





ご存知ウーピーゴールドバーグの代表作で、本当に繰り返し繰り返し見ていますが
一向に飽きる兆しのない大好きな映画の一つです。

既に大物である、若き頃のローリン・ヒルが出ているところも見物ですよね。

好きなシーンは沢山あるのですが、一番好きなのは
ライアン・トビー扮する、ウェスリー・グレン・"アマール"・ジェームズが
校内で初めての聖歌隊のお披露目の際にソロでオクターブの声を披露する場面ですね。

私はゴスペルが大好きなんですが、このシーンは何度見ても涙がでます。
感動するというより、心が震える、と言った方がいいかもしれません。


挿入歌で、荒廃していた生徒達が目覚め、変化するきっかけとなる歌があるのですが
この歌が今の自分にリンクして本当に胸にグッと迫るものがあります。

「If you wana be someone
If you wana be go somethere
you better wake up and
pay attention ,honey
caouse the real world is out there

  (成功したかったら周りの世界をよく見て)」

人の振り見て...ではないけれど、自分のしてきた失礼な行動や恥ずかしい場面など
目を見開き外の世界を見る事で本当にリアルな人生を体験できるのだと思います。


また、ローリン・ヒル扮するリタ・ルイス・ワトソンが大好きな歌の道を諦めようと
したときにウーピー扮するシスター・メアリー・クラレンスがリルケの書いた本を渡し
こういいます。

(リルケに作家志望の青年が作品を送ったときの言葉)

「Don't ask me about being a writer
If ,when you wake up in the morning,
you can think of nothing bat writing
then you're writer
 
(作家になれるかなど聞くな。
 書く事が何より好きなら君はすでに作家だ) 」

このシーンも大好きです。
私はこの言葉を何度も自分にいつも言い聞かせています。
奮起する為の呪文みたいなものでしょうか。

あとは、歌のシーンは全部好きです。
盛り上がる歌は本当に心を高揚させ、満たしてくれますよね。
そして子供達のキラキラした姿も感動的です。

「未来」や「可能性」を予感させますよね。

ゴスペルで思い出したのですが、私、地元に居たときにNYのクアイヤーのゴスペルを
クリスマスに聞く事が多かったように思います。

ある時、私は髪をドレットにしたときがあったのですが
その頭でノリノリになって最後壇上にあがり(もちろん他にもいましたけど)
若干クアイヤーの方に引かれた思い出があります。

このドレット頭はお客様には好評でしたが、母には不評で1ヶ月口をきいてもらえなかった
という悲しい思い出があります。今となっては懐かしいですが^^
また、本場のゴスペルを聞きに行きたいものですね。

おっと、話がそれました。

他にも、この映画はハリウッド史上初めてヒットした前作をアフリカ系アメリカ人が
監督したとういう歴史的意義のある作品でもあります。

私の好きなスパイク・リーや同じく有色人種のウォン・カーアイ監督なんかの
先駆けだったのかもしれませんね。

クリスマスが近づいてきました。
今月はクリスマス特集で様々なDVDを紹介したいと思います。
みなさまが少しでも、クリスマス気分を味わえるように。

この映画はオススメですよ♪
ぜひ、見てみて下さい。

------------------------------------------------------------------
■STORY

「ゴースト/ニューヨークの幻」の
ウーピー・ゴールドバーグ主演で大ヒットした
ミュージカル・コメディ「天使にラブ・ソングを…」の続編。
セント・キャスリン修道院のシスターたちは、社会奉仕先の
高校でワルガキ相手にお手上げ状態。
そこで、今やラスベガスの二流スターとして忙しい
デロリスに懇願。そこは彼女の母校であり修道院長の
頼みとあれば断れず、音楽担当として着任してみると、
予想以上の悪童たち。何とか学校を楽しくしようと
デロリスは聖歌隊の結成を提案する……。


---------------------------------------------------

■原題 : Sister Act 2
■監督 ビル・デューク 
■製作 ドーン・スティール 
    スコット・ルーディン 
■脚本 ジェームズ・オア ジム・クラックシャンク Judi Ann Mason 
■撮影 オリヴァー・ウッド 
■音楽 イルス・グッドマン 
■音楽監修 マーク・シャイマン 
■字幕 稲田嵯裕里 イナダサユリ
■キャスト(役名)
 ウーピー・ゴールドバーグ  (Deloris)
 キャシー・ナジミー  (Sister Mary Patrick)
 Barnard Hughjes  (Father Maurice)
 メアリー・ウィックス  (Sister Mary Lazarus)
 ジェームズ・コバーン  (Mr.Crisp)
■製作年 : 1993年
■製作国 : アメリカ
■配給 : ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

------------------------------------------------------------------




追伸1

本日、急に朝yorieから電話があり何ごとかと聞いてみると、
yorieが住んでいる都市と長野の都市が姉妹都市で長野の新鮮な野菜の産直を
やっていて野菜を送りたいから住所を教えてほしいとのこと。
ビックリしました。

先日、追伸にて実家の産直の野菜を買って料理した話を書きました。

その話を読んですぐのこの電話。
本当にいつも距離を感じさせない友です。
おかげで朝から気分よく仕事ができました。
私は本当に友達に恵まれているな、と思った1日でした。

6日に届く長野の野菜達が楽しみ!!

やはり、土地によって味が違うのでしょうか。
yorie、心からありがとう!!!!!
じっくり料理して、堪能させてもらうよ★



Big Kiss & Dream
akieem zawadi

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE