忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ。
Akieem Zaradi ....いや、Zawadiです!
(ZARAばっか着てたら最近こういうあだ名になってきたっていうね...)


『第19回 えーほん絵本原画展』






さてさて、昨日で絵本展示が終了しましたー。
あっという間でした、本当に。
今日はつれづれなる感想と、、展示の模様と
来てくれたお友達と子供達の写真をアップしますねー


物語を作って絵を載せるという作業は初めてでしたし
見開きで作ったり、文字を入れる場所を考えたり、すごく独特な作業でした。
初めて長い絵コンテとカット割りみたいなものを作って
削ったりとか、あの作業は面白かったな。
建築系のバイトを始めて、それと平行してやってたので
睡眠時間は3~4時間で制作しました。
印刷機の前で立膝のまま寝たりとかね
激胃痛に襲われたりとかね
ほんと楽しい思い出ばかりでした(笑)


先日は、私の作品ばっかりでしたが
今回はほかの方の作品も少し載せますね^^
素材はなんでもよいんだなぁ~って勉強になりました!


例えば、

すずきこうさんのフェルトの立体作品。



れいなちゃんの、木でできた絵本作品。



そして、原画たち。



既に何冊か絵本作品を出されているんですよ~
めっちゃかわいいんだよね^^

宮地和代さんのハニカムを使った作品と
たけうちれいこさんの水彩の作品。



たけうちさんの読み聞かせは心がホッコリなりました。



ヨシカワナオヒデさんの作品は漫画調なんかもあって面白い。



そして主催者の多屋光孫さんの紙芝居。
これがぜんぶPCで作られてるなんてすごいですよね~
まるで版画みたい!おならの物語が個性的で笑えます!
さすが関西人ww






そんでもって、来てくれた友人たちの写真達

↓↓↓


あゆみ&じゅん夫妻。




何も言わずにきてくれたん♪
いつも寸劇やってるだけあって、ポーズが一緒っていうね。
あゆみはこれで3度私の展示に来てくれてて、感想ノート読み返して
二人で懐かしんでました。


学校で一緒だったカナママと子供達&ママ彼。



ママは私に絶大なる信頼を置いてくれてまして、いろいろ相談にのって
もらってますー彼もふんわかで素敵な方でした!



そんでもって、子供達がかわいいったら!
こっちゃんとみっくん。

  

二人を追い回して写真撮るの楽しかったな♪
みっくんは「えほん描きたい!」といって迷路を書いてくれました!
すでに画伯の風格です(笑)
あーかわいいたら!
私も子供めっちゃほしくなっちゃった☆


で、みんなで記念撮影!



学校で一緒だったヤマダにんさんとカメラマンのダリちゃんもいっしょに
わたしは常時笑いっぱなしでした。

ダリちゃんからはオレンジ色のお花と
ハロウィン使用の袋の中に美味しいぶどう♪
かわいいし、めちゃくちゃ甘くって美味しいしで
Blog書きながら幸せな気分に浸れました~ww




感想ノートに多かった言葉はオシャレ、カッコイイ
絵だけでも伝わるものがあるなどでした。
子供には、、、、受けないみたいでした、残念。
中には物語に涙が出ました、という方もいて
伝わったのかな?って少し嬉しくなりました。



通常は、ここで打ち上げなんかに参加するんですが、、、
私は文章のセミナーがなんとこの絵本と同時期にWブッキング。
絵本展示のパーティーや搬出の後直行でセミナーに参加してました。

皆様博学で、、、私は本当に知らない事が多かったのですが
全く環境の異なる方ばかりなのでとてもいい刺激になりました!
その飲み会の写真ですー奥にいらっしゃるのが、講師の石井光太先生です。



出版界の裏話や物事の切り取り方。

絵本ありきでなくて、
超売れっ子のイラストレーターになるか
活字で一山当てるか
賞を取るかの後じゃないと震災をテーマにしたものは
難しいとのアドヴァイス。

いやはや、ためになりました。
絵本見ていただいたところ、、、、

「重すぎるし、ストレートすぎる」

との言葉をいただきました。
あれもこれもやらなきゃーと飽和状態でしたが
いろいろ皆様に意見頂きもっとより良いものを作ろうを
決意した1日でした。

あ、明日は新月だ。

出発にはいいらしいですね。
いろいろ練り直して再出発してゆきたいと思います。

では、次回は私のNEW家宝について
書きたいと思います~
See you~♪











La leo litende leo
akieem zawadi
PR
こんにちわ!
Akieem Zawadiです。


Twitterでも告知しましたが来たる10/6(土)~10/13(土)まで
代々木のスペース・ゼロにて


『第19回 えーほん絵本原画展』






が始まりました!
今回私は初めての出展になります。
すでに出版されている絵本作家さんに混じって
参加させて頂くこととなりました~わ~緊張~☆


搬入時の画像があるので
ご紹介しつつ今回の日記を締めくくろうと思います。
詳しくはメイキングでご紹介しますね☆





場所は代々木のスペース・ゼロ
全労災会館のB1にあります。


 


垂れ幕や看板があり、中へ入ると





こんな感じで下が吹き抜けで覗けるようになっています。





階段を下りると全貌が見渡せます。





私のブースは、こんな感じで人魚づくし。





そして、こちらが私が制作した絵本『海にあるママの家』
白い皮のファイルがその絵本になりますのでぜひとも手にとって
お読みくださいね^^






感想ノートがあるのでぜひ!!!!記載をお願いします~
アーティストの友人よしもとあやこちゃんがいち早く来てくれて
泣けるような素敵なメッセージを書いてくれて本当にジーーーーーーーン!
と心が熱くなりました><励みになりますので皆様もゼヒお願いしますね^^



ほかの作家さんとも写真をパチリ。
ほんわか、かわいい、ちょっとサンリオ系の絵が得意なチッコちゃん。






ラジオの周波数まで話せて、話題の良く合う石毛かおりちゃん
かおりちゃんは既に絵本に掲載をしている方です!すごいなぁ~







そして、本日、Akieem お昼から19:00閉館まで
おりますのでぜひご来場ください☆


お話をしましょう!!!!!!
もし、外に出ている場合には名刺がおいてありますので
ご連絡くださいね~お待ちしています☆

では、会場でお会いしましょう~^@^♪♪♪

See you~♪





--------------------------------------------------------------------

■詳細■


日時:10月6日 (土)初日 14:00〜19:00
    10月13日(土)最終日 11:00〜17:00

    他 11:00~19:00

場所:スペースゼロ
アクセス:http://www.spacezero.co.jp/access/index.html

イベント:
●オープニングパーティ:10/6(土)17:00〜
●えーほんメンバーによる絵本読み聞かせ会:
 6日(土)15:30〜16:00/13日(土)14:30〜15:00

※詳しくはHPでご確認ください。
 http://ehongenga.exblog.jp/


参加作家

・Akieem Zawadi・石毛かおり・氏家香奈・ウシヤマアユミ
・遠藤たかこ・かねこまき・こと絵・こなつ・こばやしまりこ
・すざきこう・鈴木邦弘・じょうちさと・たか麻くま
・たけうちれいこ・多屋光孫・チッコ・とみながゆう・中川ちえ
・のこ太郎・濱中伸幸・はらしままみ・古館綾子・陽菜ひよ子
・福田ゆりこ・まえの美佐・マッパラ・宮知和代・やべさちこ
・ヨシカワナオヒデ・れいな・わだかよこ


※ ご来場された方でAkieemのファイルにシール投票してくださった方には
  後日絵葉書をお送りする予定です!!!!芳名帳にお名前・ご連絡先等
  記入を下さいませ。展示のお知らせもさせていただきますね♪
  


--------------------------------------------------------------------



La leo litende leo
akieem zawadi

私を育てた絵本達

こんにちは!
akieem zawadiです。

今日は新月だそうです。
11月25日は射手座の新月で部分日食なんですって。
今後1~2ヶ月は、物事のわだかまりが解けていく時期らしいですよ。

さて、今日は私が子供の頃に読んでいた絵本を紹介したいと思います。
私が気に入っていた本は、なんていうか視点がちょっと変わっているかもしれません。
子供心に「そーきたかー」という風に、分かっているのに
繰り返しその瞬間の「驚き」を味わっていたような気がします。



それでは1冊目。

『おとうさん おはなしして』

(アーノルド・ローレル 著 /三木卓 訳 / 文化出版局 ミセスこどもの本)




この絵本は1話完結のオムニバス形式なんですが
話のひとつひとつに工夫が凝らしてある感じがして好きでした。

なんというか、「普通こうだよね」という意識を
かなり覆される内容なんですね。
でも、結果happyオーライみたいな感じで子供心をがっちりとつかんで終わります。

例えば、願い事の井戸にコインを何度投げてもと「いたいよ」と
返事ばかりが返ってきてしまうので女の子は困り果ててしまう。
ある時、枕を投げ入れる事を思いついた女の子は投げ入れる。
すると、「いい感じ」と返答があって、全て願い事が叶う。

お金じゃないんだねー、相手にとって欲しいものをあげなきゃいけないんだ!

子供心に教訓を得る訳です。
つまり、この本は常識の裏に隠れている教訓をしっかりと
子供に伝える良書なのです。

他にも子供嫌いのおじいちゃんが子供たちに助けられる話とか
お風呂の水が町中に溢れるお話だとか面白い話がいくつもあるのですが
中でも私が一番好きなのが「だいりょこう」という話。

遠く離れたお母さんのもとへ、いろんな手段を使って大旅行をする話で
車→ローラースケート→長靴→スニーカー→裸足→義足(!!)
という順で話が展開します。

『ひとりの ひとがいて うっていた。
あしをね(強調)。
それで いままでの あしを はずして
あたらしいのを つけたんだよ。』

というくだりを穴があくか?
という程繰り返し読見返し子供心に

「どんだけ遠いんだ?」
という気持ちと
「足?脚?え、足って取り替えられるの?ネズミだから?
しかも、かなり簡単に装着してるよ....」

と不思議な気分になった覚えがあります。
若干色あせながらもこの本は手元にあって読み返しているのですが
今もこの驚きは色あせる事はないのだなーなんて感じ入ってしまいました。



それでは、2冊目。

『ボクはイスです』

(長新太 作/童心社)




これは大・大・大お気に入りでしたね。

まず、ネーミングがシンプルでいい!
そして、色使いもポップで好きでした。
黄色・青・赤・緑、この4色しか使っていない。

しかし、何が一番好きかというともちろん、ストーリーであります!!!

主人公が椅子で、色んなものに腰掛けてみるという
こちらも逆説的発想絵本なのです。
だいたい冒頭からしてこんな感じで始まります。

『ちょっと、つくえに こしかけてみようかな。
 たまには、はんたいも おもしろいと おもうんだ。』

「えーーーーーーー?」
子供ゴコロに負けた...と思いました。

そしてイスくんは次々に色んなものに座って行きます。
木→石→川→魚→山。
山が実はこの絵本の山場になります。
イスくんが山に座るやいなや山が噴火を始めます。
そして、ドロドロの溶岩流が人の形になって追っかけてきます。

子供心に
「早く逃げて~はやく!はやく!!」
そう、叫んでしまいます。
ドリフで「志村後ろ!」と叫ぶようなものです..
おっと、ジェネレーションギャップ的発言、失礼いたしました。

このドロドロ人間が怖いのなんのって、イスくんが穴に逃げ込んで
その上にドロドロ人間の足が乗っかってキョロキョロ探している所とかね
4つ足で足が絡まりそうに必死に逃げるイス君の姿とかね
毎回胸が高鳴りました。

そして、イスくんは海に逃げると溶岩のドロドロ人間は固まって命が助かる。
命からがら帰宅したイスくん。

『おやすみなさい』

と座った先はご主人の頭の上。
最後の一言にキューーーーンとやられます。
「そうだよね、いつも座らせてもらってありがとうね。」
そう思ってしまうのです。

椅子の気持ちなんて考えた事ありますか?
大人になると、この椅子が家族や恋人、部下なんかに置き換えられたりとかね
もっと意味深いものになるのではないかとかと思うんですが、もうこの絵本は
絶版になっているところが残念でなりません。
実家にあるからまた読みたいなー。



さてさて、最後3冊目。

『ふしぎなおきゃく』

( 肥田 美代子 著 / 岡本 颯子 絵 / ひさかたチャイルド /チャイルド本社)




どうですか?
子供用絵本なのにこのミステリアスぶりは。
まず表紙だけで、子供心をがっちりつかんでいるではありませんか!

え?そうでもない?
もしかしたらこの本も私だけの特選絵本なのかもしれませんね。
決してビックアーティストものじゃない所がミソかな。

(母によるとこの本を大好きだったのは保育園で私だけだった模様。
 何度も何度も繰り返し読んでいたのを目撃されており、母の中ではこの本が
 私が好きなBest of 絵本に輝いているようです。)

で、この本もご多分に漏れず常識覆し本なのであります。
ストーリーはこんな感じ。

来来軒は美味しいラーメン店で有名なお店。
毎度満席でスープまで空になるのが当たり前。
しかし、そこに不思議なお客が現れる。
1~2口食べては大半を残し立ち去るお客。
店主は味が落ちたのかと試行錯誤するが問題ない様子。

頭に来た店主はこのお客の跡を追跡することに。
日もトップリ暮れた山奥でお腹も空き始めた店主に
いい匂いと灯火が見えてくる。

なんと!
そこではウサギがラーメン店を営んでいたのです!!!

ジャーン!

またもや覆された。
ウサギですよ、ウサギ。
しかも器用にラーメンをつくります、そして美味しい。

店主に明かされた真実は何とも心温まるお話。
来来軒の味をどうしても出したくて、味が分かりかけた途端に
帰ってきては再現を繰り返した...という話。
しんみり、最後はいい気分になります。

私的にはお箸が木の枝になっていてものすごくそれに憧れていました。
やっぱりうさぎが作った森のラーメン屋なんだわ~って。
これ読むと無償にラーメンが食べたくなるんですよね!
(あー食いしん坊はこの頃から既に始まっていたのねーーーーー)

ちなみに、こちらの本は一旦絶版になった後復刻したらしいです。
一風変わった絵本を誰かにプレゼントしたくなったら
ぜひとも手にとっていただきたいものですね。

という訳でご紹介した3冊の絵本達は皆さんの
読んできた絵本の中にもありましたか?
私がいつも常識的なものに刃向かう精神は
この絵本たちによるところが大きいのかもしれませんね^^

(すべて絵本のせいではないですけれど...)

今日はこんな感じです。
来月から学校なので書く分量が減るかもしれませんが
なんだか物語的なものを期待されているようなのでなるべく
書いていこうと思います。

では、また!!!



追伸

最近アクセスログを見れるようになって、色んな地方や国の方が
来場下さっている事がわかるようになりました。

コメント読まれるのは恥ずかしい...ということなら
アドレスを記載しておきますので、もし
ご感想あるようならご連絡お待ちしております。

どんな物が面白く、期待しているのか...
その辺書いている方はあまりわかってないので頂けると嬉しいです。

ほぼ毎日いらしている方、本当に感謝です!
ありがとうございます^^

akieemzawadi44@gmail.com







La leo litende leo
akieem zawadi

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE