忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある2組みのカップルの場合

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。







先日、仲の良い友人とご飯を食べる機会が
あり あるカップルの話題になりました。

そのカップルの男女は才能はあるもののあまりに
エキセントリックすぎて友達からちょっと距離のある存在。
互いに出会うまでは、自己嫌悪、自身喪失の塊で
ある意味ではそれが芸術的な奇行へと駆り立て
それがいい意味でも悪い意味でも作品化していました。
しかし、出会い付き合うようになってからまるで2人は互いの存在価値を見出し、
補い合い2人だけの作品を次々に発表。
2人はまるで、ひとつの塊のようになってある意味2人だけの城を築きあげ、
ある人から見たら痛々しく映ることもあったかもしれない。
さらにそんな2人だから、日々の色々大変はある。
だけれども、互いの孤独や痛みが分かる。
だからこそ、私にはすごく幸せそうに見えた。
「愛」だなぁって感じました。



さて、ここでもうひとつのカップルの話をしましょう。
それはすごくモテる私の友人の話。
俗にいう、男が切れないタイプです。

新しい彼ができたというので、話をきいたら、
友人の誰に言っても羨ましがられるような
オシャレで、仕事ができて、性格も申し分なく
運命を感じあうような相手ですぐにでも
ゴールインしそうな雰囲気でした。

しかし、結果的に彼女が選んだのは「別れ」でした。

理由は、彼があまりに忙しくてすれ違ってしまったから。
結婚を申し込まれ、指輪までもらったのに
結婚をイメージできなかったのだとか。
私も彼女も淋しがりやで相手が相当にマメな人でなければ
絶対に遠距離恋愛には向いてないタイプ。
だから、彼女の出した答えは私には納得でした。



「幸せな恋愛や結婚」って誰にとってそうなのかって
突き詰めて考えると、私の場合やっぱりお付き合いしてる
2人が幸せであることが大前提なんじゃないかなって私は思うんですよね。

そのことをこの2組のカップルが教えてくれている。
そんな気がするんです。

いくら、他人から見て幸せそうで羨ましがられたって等の本人が
空虚な想いを抱いていたら、現実とのギャップに苦しむだけです。
だから、私はどちらかっていうと周りから多少痛く見られたっていいから、
互いの存在価値を高めあい補い合えるような前者のカップルのようになれたら、と思う。

互いの痛みに耐えられ、分かち合えることが
「本当の愛」だと思うから。

さ、明日は七夕。

天の川にそんな人に出会えるようにお願い事しなくっちゃ☆

See  you~♪










La leo litende leo
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE