忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音を観るさくらコンサート

こんばんわ!
akieem zawadiです。


本日は、前々から予定していた
山口勝敏さんのピアノコンサートに行ってまいりました!



今まで20年間も続いてきた、このクロスクラブの勝敏さんの
コンサートに参加するのはこれが2回目。
前回にも増し、命の籠もった音色で感動させられました。

山口夫妻との出会いはほんとうにひょんなことからで
私がアクセサリーを販売していた頃、ご夫妻が
店にいらしてコンサート用のイヤリングを
買っていただいたのがきっかけでした。
話が盛り上がり、ぜひコンサートに伺いたい!
とお話したらその時から招待状を贈って
くださるようになったのです。

昨年は、伺うことができなかったのですが
今回はちょうど桜の季節ということもあり、
ぜひに!という事で今回参加をいたしました。

開演10分前にも関わらず、一番前の真ん中の特等席が
丁度開いていてそこに座らせていただきました。

演目は以下の7曲に即興の2曲、
あわせて9曲を演奏してくださりました。

************************************

さくらさくら          (ピアノ) 日本古謡
アルハンブラの思い出   (ピアノ) タルレガ
刈千切唄           (オルガン) 宮崎県民謡
序曲 ”エグモンド”     (ピアノ) ベートーヴェン
桜に寄せて         (ピアノ) 山口勝敏
さくらさくら          (オルガン) 日本古謡
バラのアダージョ      (ピアノ) チャイコフスキー

************************************


演奏に使われたのは
こちらのグランドピアノと



昭和初期に作られて
現在修理する職人も希少となっている
年季の入った2台のオルガン





演目の中で私が一番感動したのが
ベートーヴェンの「エグモンド」でした。

指の腹が鍵盤に打ち落とされる瞬間のザクザクと歯切れのいい音、
席からは勝敏さんの年季の入った指が鍵盤を滑らかにすべる様子が観え、
漣のように波打つ腕と銀髪の髪が海を思わせるようでした。

その様子のすべてが目の前で繰り広げられ
聴くだけでなく、当に音がまるで観えるような
心が震える演奏でした。



そして、私の中の感動した2曲目がこのオルガンの「さくらさくら」でした。
このオルガンはふいごで空気を送りながら弾くので、以前のコンサートでは
白鳥のように水面下ではかなり足を使っているんです、と解説がありました。

本日の解説では、このオルガンは声帯と一緒で金具が
空気で震える時に音がでるのだという説明がありました。
雅楽風にアレンジしての「さくらさくら」は、
低音は教会のパイプオルガンのような荘厳な雰囲気が
高音は雅楽のあの雅な音が感じられ
2つの楽器で演奏しているような不思議錯覚に陥りました。

また、ライトで照らされた逆光の勝敏さんが絵になり
そこにも深く感動してしまいました。


ちなみに、演奏会場になっているこの建物も由緒あるものなので説明しておきますと、
勝敏さんのお父様は”建築の父”として著名な山口文象さんです。
この演奏会の会場も文象さんの設計した建築物のひとつであり、
かつてはサロンであり、お住まいでした。
ピアノのある場所は以前は暖炉があったとのこと。



このこぶしや桜もこのサロンが建てられた70年前には苗木だったとか。
今や立派な花を咲かせ大木になっています。





また、この桜の写真では屋根しか写ってないおうちも
だいぶ建築様式的には古く、希少な建物だとか。



このプールではキムタクさんが撮影したらしいですよ。
素敵ですね^^

演奏が終わった後はお茶会があり、本日はお赤飯やおしるこ、甘酒、
そして、ラスクやワインが振舞われ、勝敏さんの手書きの看板によって
雅な花見の茶会が演出されていました。



おしるこのふんわりした白玉にみなが、「おいしい」という舌鼓をうち
お赤飯を食べながらのお花見に春の訪れを感じました。

各テーブルをご挨拶しにまわるご夫妻。
本当に鴛鴦夫婦で中むつまじいですね^^
(アクセサリーを選ぶときも、勝敏さんが熱狂的に奥様に選んで差し上げてて
 ほんとうにほほえましく素敵なお二人だと感じたものです)



最後に奥様と桜の木の下でパチリ。
入学式みたい、とちょっと失礼な口をたたきつつ
再開できた喜びで胸がいっぱいになりました。
気遣いと優しさに満ち溢れ、ユニークなジョークが耐えない素敵な女性です!
奥様みたいに私もなれたらなぁ、とすごく思いました。



後で聞いた話では、昨年勝敏さんは
腸の手術をされていたそうですが
露にも感じられないパワフルな演奏でした!

次回もまた観に、聴きに伺いたいと感じた1日でした。
こんな素敵な日を過ごせ感謝の気持ちでいっぱいです。
山口夫妻本当にありがとうございました。

たまに音を観に出かけるのもいいものですよ。
皆様もつかの間の春、音を観にでかけてみませんか?









La leo litende leo
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE