忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジャスミンティーと蜘蛛

私は沸騰した

赤いヤカンを取り上げると

勢いよくサーバーへお湯を注ぎいれた。

作業の合間に買ってきたばかりの

ジャスミンティーで一服するためだった。

湯が薄いトパーズ色に色好きはじめると

辺りにはジャスミンのあの

透き通った甘ったるい香りが

立ち込め始めた。

ジャンピングしながら

ゆっくりとサーバーの中を

浮遊する茶葉と花弁に目をやりながら

ジャスミンの香りに酔いしれる。

数分後、琥珀色となったジャスミンティーを

白いファイヤーキングのマグカップに

少し昂揚しながら注ぎいれる。

湯気の湿気が柔らかく顔に触れる。

カップを顔に近づけ目を瞑り

ゆっくりと深呼吸する。

甘い香りに心の澱が溶けて行くのがわかる。

一くち口に含む。

香りが鼻を抜けると

原産地の中国のジャスミン畑へと

思いを馳せる。

私はサーバーのほとんどを飲みきり

カップに半分だけジャスミンティーを残すと

また作業に取り掛かった。

作業が終了に差し掛かってもなお

部屋の中はジャスミンの香りが

かすかに残っていた。

作業を終了しカップを覗き込むと

一匹の小さな灰色の蜘蛛が浮かんでいた。

「ダメじゃないの..」

私は小さな子をたしなめるように

静かにつぶやいた。

そしてティースプーンですくい上げると

白いテーブルの上にそっと乗せてあげた。

もう、命は絶たれたのか....と思い

「そう..いい香りがしたから中に落ちてしまったのね?」

と優しく語りかけた。

すると、返事でもするかのようにピクリと

蜘蛛の足が動いた。

私は花に水をやりにその場を離れ

再びその場に訪れたときには

琥珀色の筋を残し

蜘蛛はきれいに

消えてしまっていた。

ジャスミンの香りを纏ながら。










(著:夢澤 日秋)
 La leo litende leo
 akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE