忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間を分かち合うということ。

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。






最近、時間を分かち合うってどういうことなのかなぁ、と
朝一番にぼんやり考えているんですけれど
おそらく時間っていうのは平等に与えられてて
2人いるとその時間を2人で分ける形になるんじゃないかな
って気付いたんですよね、遅いですかね、ははは。

自分の大切な人生の時間を誰の為に割きたいか?

つまりは、そういうことで1分でも1秒でもこの人と居る時間は
惜しいというのなら、一緒に居るべきではないと想うし
お互いにそんなの不幸だよね。
逆に、1分でも1秒でも一緒に居たいというのは本当に幸せなこと。

大人になると1年が1秒のような速さで過ぎていったりするけれど
それでもなお、この人の為なら時間を割ける。
むしろ、一緒に居たい。
と想うような人と一緒にいることが本当の幸せだし、心地よさの
原点というか自分にマッチする人というのをもうこの年になると
だいたい分かってくるんですよね。

それと、嗚呼この人はこの時間の為にすんごい影で頑張ってんだな
と透けて見えるから、それは会えばわかるものだよね。
その人の自分に対する温度というか、時間割きたい度は見えるもの。
噓なんて通用しない、だからこそ、きちんと毎日生きないとなぁ。

自分はどうだろう?

と振り返り、嫌だなぁと想う人ともムリに付き合おうと
頑張っていたのかもしれないと気づきましたね。
やっぱり、自分を大切に扱ってくれる人と一緒に居るべきだよね。

口だけでなく、行動で、私を欲する人。

そんな人との出会いは、やっぱり自分をオクすることなく
表現することでしか得られないのかもしれないね。
答えや世界は全て自分の中にあるのにうまく表現できなくて
私はいつも損をしている。

友人達はそれを知っている。
だから、一緒にいると心地いいんだと思います。
もっともっと、心地よさの面積増やしてゆきたいですね。
時間をシェアしても心地いい素敵な人なら
何人居たってきっと惜しくないから。

また、書きますね。
See You~♪




La leo litende leo 
Akieem Zawadi
PR

プレイバックAkieem Zawadi

こんにちわ!
Akieem Zawadiです。





最近、ともだちに注意を受けてもっと自分の作品をアピールするように
言われSNSで流し始め昨日で第10夜までが終わりました。

友人や知人の間では、私は「いいね!」は少ないかもしれないけれど
どこか別な国の誰かに見ていてほしいな、というのが実の狙いです。
私の感覚にシンパシーを感じている人のより多い国で発表できたら
その方が幸せだな、と昨年あたりから考えるようになったのが
そもそものきっかけでもあります。

どうせなら、いいって言ってくれる人の為に全力で描きたい。
絶対いいものができると確信しています。

さっきのアピールの話に戻るとデザインものよりもイラスト、
主にビタミンカラーでビッチな女性の作品がウケるような気がしました。
よく、イラストは作者に似るというけれど
確かにそうかもしれないね(笑)
個人的には、上のスケッチのようなちょっと
艶や影のある美女のほうが好みなんですが
誰かから見たAkieemというキャラは違うみたいなんですよね。

こういう差が実に面白い。

それと「誰かにどう見られるか?本当に成功するのか?」 と
いったことよりも好きなことを好きなように
発表できる幸せってあるなぁ!と今回改めて感じました。
最近、これを始めてからなんだか心がフラットなんですよね。
いい意味で力が抜けて評価がどうでもよくなっている、というか。

もちろん評価も大事なんだけれど、私の場合そこを考えると
失敗することの方が多いような気がしてね、
私の作品が大好きでたまらない人の為に描けばいいんだよね。
本当にシンプルなことで。
ここにまた、戻ってきた感じ。

それまで走馬灯のように「絵をやりたい」という夢を
初めて抱いたきっかけともなるような事柄や場所に出会って
「あら、私もしかして死ぬのかしら?」って少しビビッたけど(笑)
自分の核に戻っただけなんだって気がついて、
「プレイバックAkieem Zawadi」というタイトルになりました。
誰かの為というよりも、自分の為にやっているようなこと。

ただひたすら懐かしいという想いが胸の中に広がって
カスミソウのような白い花が沢山咲いているみたいな気分。 
ここに、また誰かが種を蒔いて新しい花が咲くのかな?
そういう人に出会いたいですね。

色んな大変なこともあるだろうし、体も弱く時間を有効に使えない
辛さも抱えてはいるけれどそれでも夢を持つのは 悪くないな、
と思います。

このイタさは、格別。 ふふふ。
私のイタみも分かち合ってこそ素晴らしい私の分身。
きっと私と結婚する人は、私の分身のような人になるんだろうな。
分身探しもまた、私の大切な夢だから大切にしたいな。

では、また書きますね。
See You~♪



La leo litende leo
Akieem Zawadi

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。


Akieem


いや~眼精疲労で眼が痛くて堪らず眼科で診て貰ったら
右目遠視1.5、左目近視+乱視0.3というガチャメならぬ
ガチャガチャメだと判明。

遠くは右目だけ、近くは左目だけを使っていたらしいデス...
ソッコーで眼鏡つくっちゃいましたw

PCブルーライト軽減対応でちょっとだけ色が入ってる。
ウッディな感じにしたよ。

今日は誕生日なんだけどね、お店がコミコミで
ゆっくり散歩デーになったんだけど
素敵なお花や、言葉に出会えたよ。







「自分を信じる」って凄く強くてあったかい言葉だよなぁって。

なんか、忘れてた最近、色々。
ランチした友人からも、好き嫌い、快不快をこの機会に
見つめなおしたら?って言われて。

嫌いに鈍感になってない?
好きに敏感になれてない?

って改めて、向き合わなきゃならないなーって
凄く凄く感じて。
今度こそちゃんと向き合おう。

では、また書きますね。
See you〜♪




La leo litende leo
Akieem Zawadi
こんばんわ!
Akieem Zawadiです。






ひさびさの日記。
さて、このお題。。。分かる人には分かると思うんだけど、
そう、つまりは、私のこと。


ずっと私はこうなんだ、と思っていたことをテキストにしようかと思って
今日は書いてる。(ほんとうは違うこと書こうと思ったけれど時間が足りなくて)


私を何かに例えるなら、台風みたいな女かもしれない、と思う。
大きい風を起こして、何もかもを引っ剥がして丸裸にする。
ステータスという名の家や肩書きという名の車で隠してきて
がんじがらめな噓っぱちのちっぽけな自分をさらけ出すのは誰だっていやだ。
だから、人々は恐れて近づかない。


私はそういうものを引き剥がし、その人まるまるを見ようとする。
しかし、最初から裸ん坊の人はスポっと台風の目の中に入るから
私がコワイだなんて微塵も思わない。
寧ろ、平和で居心地がいいと思っているみたい。


そして、そんな私は実は武装せず、どくんどくんと波打つ
丸裸の心臓を表に剥きだしにして歩いている。

その無防備さ。

私は傷付くように初めから出来ていて
どんな小さな事でもヒリヒリとチクチクと感じてしまう。
どんなものにも感動して泣くし、どんなものにも憤慨するし、
どんなものにも喜ぶし、どんなものにも哀しくなる。


その痛みたるや、きっと読むものの想像をはるかに超えているだろうと思う。


人は鎧を付けて、場合によっては鎧によって人を傷つけている場合もある。
私は鋭い小さな針だけが武器で武装しない。
鎧は私にとって窮屈極まりないからだ。
私の言葉は小さいけれど、ど真ん中を射る。
きっとそれは鋭い痛み。
絶対に、絶対に触れられたくないその人の弱点や隠し通したいことを
類稀なる嗅覚と、恐ろしいほどの冷静な観察眼と、動物的で霊的な直感力で
探り当て隙間をぬってドスンとヒトツキにする。
絶対に絶対に外さない。


だから集中砲火を受けることもあって人一倍傷付きやすいのに
同じように武装しているという前提で攻撃されるから
私の体や心は本当にその度にずたずたになる。


何人の人が私の本質を分かっているのだろう?


無防備な私から奪ってゆく人がいる。
無防備な私を笑う人がいる。
無防備な私に噓をつく人がいる。


でも、その全てが私には見えていて、
奪われた痛みや嘲笑された哀しみや軽んじられた怒りは
人の何倍も何倍も強く感じて、その度ごとに涙という血が流れる。
笑いながら生きているけれど
私の心には大小の沢山の傷がついている。


それは私が頑張って戦ってきた証。
まるで戦士。


そういう不器用な私をきちんと見てくれたり
最初から私という人間の扱い方が分かっていて
傷をいたわってくれる人も最近ちらほら現れてきた。


廓然無聖な私に与える人。
無垢な私と一緒に笑う人。
無為自然な私に本音を話す人。


武装しない、ヘンテコな自分をさらけ出して
純粋に私に興味があって一緒に何かしたいと思って
行動に移してくれる人は互いに心地いいから不思議だ。


退屈と窮屈が苦手。
誰からも盗まれずに
自由に私の頭の中に浮かんだことを
全部表現できたらどんなに幸せだろう?


黙って遠くで見て私の発言を意味なく
真似されるんじゃなくて
ちゃんと私に触れられる人
私と同じ痛みや感動を共有できる人と一緒に居たい。
もっと私に共感する人がいれば
世界は変わるのに。
変えられるのに。


と思う。


これは本当のことだよ。
繰り返し頭に浮かび、涙が教えてくれることは
みんな真実なんだ。


私はきっと貴方が探しても探しても見つからなかったものをあげられるよ。
だって、武装せずに、正しいことだけしか
見たり、聞いたり、感じようとしなかったから。


噓じゃない。


形なきものだけど、間違いなく私は貴方に
貴方が心から欲しかったものをあげられる。
そういう自信と確信がある。


私に触れて、そして一緒に感じるだけでいい。
今まで感じたことのない、新しい世界を見せてあげるよ。


本当だよ。


心に本当に血が通いだすのが分かる。
あなたにもこの世界を見せてあげられる。
世界はこんな風にも見えるんだよと教えてあげられる。


ようこそ、Akieem Zawadiの世界へ。




 
La leo litende leo
akieem zawadi
こんばんわ!
Akieem Zawadiです。








ジョージ・クルーニーかっこいいですね。
そうじゃなかった。

最近、自分の中で膨らみに膨らんで、でも間口が狭くて
溢れ苦しくなる「才能」の病をどうにか切開して
うまく切り出してくれる名医はいないだろうか?と思うことしきり。
「ではこれから、『才能全開摘出手術』を行う。メス...」
みたいなね、摘出手術を行ってほしいって思うよ、ほんと。

できる人は「やりゃーいーじゃねーか!」って怒るか呆れるかもしれない。
でも、それがなかなかできない人もいるんだよって言いたい。
苦しくて、息も出来ないくらいになってしまうときもあるし。
最近はそこまでではないにしろ、うまくアイデアが吐き出せてないな
と感じることは多い。

超他力本願だって思うけど、そういう手を貸してくれる人
理解者がいたらどんなにいいだろうなーとすっごく思う。
手を抜いているわけではなく、うまくまとまるまでに凄く時間がかかる。
それを待っていてくれる人もいるけど、自分としては歯がゆい。
本当はスピード感ある感じが好きだからきっとエンジンをふかしまくってる
ような状態でヒートアップしてしまうんだろうと。
冷却装置やそういうサポートをしてくれる人、支え続け一緒に
やってくれる人がいてくれたらどんなにいいだろうって心からそう思う。

それに欠かせないのが「信頼」や「愛」。
利用しようとするんじゃなくて、私にさせてほしい。
だって私がしようとしていることは1回では終わらないんだもの。
マネしたものはソレっきりで終わる。
私は継続してその生み出したものを
変容させ成長させていこうとしている。
そう、成長する草木のように。

みんな、おいしい、花や実のところだけを持っていこうとするけど
そうじゃなくて私の生み出した理由やプロセスをもっともっと大事に扱って欲しい。
「信頼」や「愛」は捥ぎ取ると枯れてなくなってしまってもう、二度と復活しない。
だけれども、ちゃんと水や栄養を与え、育てれば次もちゃんと花や実をつける。
それが分からない人がなんと多いことか。

私の「才能」という病は尽きない。
しかも、膨らみ、様々な合併症を併発する。
だからきちんと摘出しないと大惨事になるんだ。
私は幸せになりたいし、私を取り巻く人を幸せにしたい。
だから、自分の「才能」を思う存分発揮できれば
きっと多くの人を幸せにできると思う。

そして、私のような苦しみを抱えている人の
篝火のような存在になりたい。
私のような人間もいるよ、と。
あなたの人生もきっと素晴らしいと証明したい。

嗚呼、本当にそんな天才外科医的な人が現れたらいいのに。
あ、久しぶりに心の声を書いてしまった!
また書くね☆
See you〜♪ 




La leo litende leo 
Akieem Zawadi

キンモクセイのおまじない

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。







なんだか10月なのに毎日暑いですよね。
昨日なんて、ノンスリーブですよ!
ビックリ、熊谷では31°だって。

しぇー。

ところで、私最近キンモクセイの香りを深呼吸する度に
すっごく癒されてるんですが、
ふと小学生の頃にタイムトリップしちゃって
なんで私がこの香りを好きになった理由が分かったの。

小学校、、低学年だったかなぁ
その頃「おまじないBOOK」というムックがハヤっていて
女の子は恋だとか、勉強だとかよくなれ~の如く
よく試して、皆で回し読みしてそれをノートに書き写すという
勉強だったらどれほど今いい暮らしをしていたんじゃないかしらと
思えるような涙ぐましい努力をしていたんですがその写すペンの中にあったのが
キンモクセイの香りつきのオレンジ色の細くて小さなペンだったんですよね。

使う度にいい香りがしてすっごいスキだったのに
すぐ書けなくなっちゃってね、、淋しかったなぁ。
その香りだって今頃気付くなんてね、
なんだかおまじないが解けちゃったみたいな。

やっぱり香りにも想い出があるんだよ。
んーノスタルジック☆
See you〜♪ 





La leo litende leo 
Akieem Zawadi
こんばんわ!
Akieem Zawadiです。









私って、ほんっとに虫に好かれるんですよね~。
以前は蜂が刺すでもなく窓から数匹入ってきて体に纏わりつこうとしたり
蜘蛛が私のいることろにウロチョロしたり。。。
虫フェロモンがきっとあるに違いない!!!!
と私的には思っているんですけれども、
なぜか人間には発揮されないものですね~なぜに??

ところで、最近私はごった煮のような自分からひとつひとつを切り離してゆく事で
自分自身に本来どういう才能があるのかを明確化する作業を行っています。
例えば、自分の絵を描く人格と文を描く人格は明らかに違います。
それと自分の性格というのはかなり、押しが強くて自我が強くて、陽気に見られますが
実際はもっとサッパリとしてて儚くシンプルなものが好きであったりします。
辛らつで冷淡で驚くほどの観察眼を持っている側面もあれば、あほら~と
突拍子もなくとんでもない間違いをしでかす側面もある。

はてさて、どれが、本来の私なのか?

いや、どれも本来の私で、例えば陽気に振舞っている私などが詩など書こうものなら
「あ、アイツ病んでる?ヤバイねぇ。」
的な見方をされるわけで、そういうのが超メンドクセー!!!!!!!!
ってたぶん今回やぶれかぶれに切れちゃったみたいなんですよね。
私描かないと苦しくて死んじゃいそうなくらい悶えるんでね!ってー、一席打った感じ。
つまり、頭に浮かんだことを即効でやらないと気がすまなくって、今までは
それがBLOGだったわけなんですが、HPを簡単に作るツールができたことで
自分のソレ(アイデア&苦痛)がより、明確化しやすくなった、というか、、、

それにしても、今回、自分の文を書く人格というのが恐ろしいほど純文学であるのに
ビックリした、、、、以前にも書いたと思うけど、私は大の活字嫌いで大学に行くまで
(というかよく受かったもんだ)本をロクスッポ読んでこなかったので自分の嗅覚に
あった本は沢山買い込んでいたものの、ちゃんと最後まで読み進めることが
難しかったんですよねぇ。そんなわけで、自分が文学好きのお嬢さんだなんてコト
夢にも思わなかったわけです。

つまるところ、私は何遍もいうようですがかなりの遅咲きです。

というわけで、上の画像は詩をしたためただけの頁をコサエタわけでして
しかもずーーーーーーーーーっと前から文章を書くなら日本名で、とうんうん
考えたあげく「夢澤 日秋(ゆめざわ ひしゅう)」という名前に決定し早速サイトまで
つくっちゃったっていうね、、、2日間でつくっちゃったわよ(げーげ吐きながらね!)
そしたら、画面に蜘蛛がやってきて自分が主人公の詩の上にじっといるわけ。
愛しくなっちゃったわよ、やっぱり虫に好かれるみたい!!!
きっと「おめでとう」って言ってくれてるんだと思う!

って、最近日記がほんとうに
つれづれない状態になってきているような気がするな。。。
ま、いっか。

というわけで、秋はBLOGも楽しく更新しますよ~
というかHP創りに嵌っている、、、、

See You~♪









La leo litende leo 
akieem zawadi

祖母と過ごした不思議なお盆

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。








書こう、書こうと思いながらこんな時間になってしまったー。
しかもこの3連休は台風で、昨日は吐いちゃうくらい具合悪かったし。。。
今月頭から眼球疲労引きずってたもんなーしゃーない。

ところで、なんでこの画像が「K」かっていうと
うちの亡くなった祖母の名前がまんま「ケイ」という名前だったからなんです。
今年のお盆は「花の種を贈るプロジェクト」でほぼ陸前高田にいずっぱりで
楽しかった日記は既に育種BLOGに書いたとおりなんですが、実は今年のお盆は
めちゃくちゃ祖母が近くにいるな~って感じたお盆だったわけで、その話を書こうかと。

お盆前に来客が来てもいいように片付ける係は決まって私なのですが
今年は私が帰省する前に父も少し手伝っていたらしくもさもさと
片付けていたらかわいいチャコールグレーの皮のバックが出てきて
「あ!これかわいい!ちょーだい?」って母親に伝えたところ
「あら、それ私のじゃないからおばーちゃんじゃない?」と
手作りポッケ(※)を探ってみたところ、歯医者の診察券が出てきて
しかも、事故で亡くなる1ヶ月前でその来院記録が途絶えている。

「あー....亡くなる前まで通ってたんだねぇ...」と私。母は驚き、涙ぐんでました。
その後も、「この服誰の?かわいい、欲しい」といったものが
ことごとく祖母のものでなんと着てみたら私に丈がぴったり。
「えーー?おばあちゃんってもっと小柄じゃなかったっけ?」と二度びっくり。
今まで何十年と送ってきたお盆なのに、なんで今年に限ってこんなに祖母のものが
ぞくぞく出てくるんだろう?しかも、私が着たいと思うものに限って祖母のものだし。
忘れないでってことなのかなぁ、それとも別な意味が.....?
なんてグルグル考えたお盆なのでした(答えは未だでてませんが.....)。

ちなみに私の小さい頃の記憶を辿ると、祖母はなにかの賞状を壁に飾っていて
なぜかその名前がアルファベットで「K」って書いてあって、
「うわーうちのおばーちゃん、めちゃくちゃ最先端だー!」と思った記憶があります。
それと、桐箪笥から、お菓子が出てくる魔法!!!!
チョコや飴やクッキーがアソートで入っているお菓子袋を毎日祖母が箪笥に隠していて
決まって学校から帰ってくるとそれを開けて選ばせてくれるんだよなぁ~。
嗚呼、めちゃくちゃ懐かしい!ノスタルジー感じる!タイムワープ!

やたらめったら鮮やかで不健康そうなゼリーに砂糖がまぶしてあるやつ、
あれだけは苦手だったけど(よくお墓にお供えして蟻が集っているやつね)
その気持ちが嬉しかったなー。最後が突然すぎて、サヨナラもいえなかった、、、

会いたいなぁ~

おばあちゃん、今の私を見てなんていうだろう。
花嫁姿見せたかったなぁ、生きてたら何歳だろう?

あ.....99才だ。

もう少しだけ一緒に居たかったなぁ。
夢の中でもいいから、今日だけは逢えますように!!!

じゃ、連チャン投稿いくよ~!
See You~♪


(※)祖母は裁縫が得意でその皮のバックにも
   カラフルなポッケが手縫いでしてあった










La leo litende leo 
akieem zawadi

私の背中にあるアフリカ

こんばんわ!
Akieem Zawadiです。


人それぞれ、自分にとって好きな部位というのがあると思う。
女性でいったら目だろうか?それとも形のいい胸?


私は、自分の肉厚な背中が結構前から好きである。
背中に程よく肉が乗って、背骨のところがきれいに窪んでいる。
そしてお尻は黒人のようにボリュームがある、それが私の後ろ姿だ。
若い頃はその大きなお尻が嫌で嫌でしょうがなかったのだけど
大人になるにつれ、それが魅力的だといってくれる男性も多く
というか、お付き合いする人のほとんどが私のお尻に惚れた
という人ばかりだった為、いつしかコンプレックスが
チャームポイントになってしまったのである。


さて、昔話はこの辺までにして本題の背中について、でした。


私の背中、正確には腰のあたりに
生まれた時から茶色い痣があるわけで
(ゴルバチョフの頭にあるような、アレなんですね)
四国のような形のそれはじーーーっと観ていると
なんだか私には黒豹に見えてきて、しかも
先日のお盆の野良仕事で何故かパンツとTシャツの間から
日焼けしてしまってそれが真っ直ぐに伸びた地平線のように
感じられ、もう毎晩その絵画をみているような気がする。
そして、「まるで背中にアフリカがあるみたいだな。」
と思ってしまったのである。


地平線を黒豹が走りまわり、背中のくぼみは
まるで太いバオバブの幹のように感じられ
どこからか、マサイ族の歌声が、、、


アーティスト気質の自分は日々このようにいろんなものが
いろんなものに見えて、楽しくもあり、また邪魔くさいこともある。
でも、こういう自分が今はたまらなく大好き。
あー誰かに見せたいなぁ、このアフリカ絵画。
そしたら、面白さ分かち合えるのになぁ~
ということで、また新しい作品ができたら書きますね!!


See You~♪ 











La leo litende leo 
akieem zawadi

夏が終わっちゃう前に

お久しぶりです!
Akieem Zawadiです。







わー夏が終わっちゃうね。
今日はめちゃくちゃ暑かったけどさ。

私はというと、陸前高田から帰ってきてから制作物が2、3個あって
意外と土日とか曜日関係なくあまり休みなく作ってた感じ。
ただ、季節の変わり目だから先週はめっちゃ疲れてたなー
流石に休憩大目にとったりして過ごしたよ。

でも、今年の夏はいつもと全然違っていて楽しかったなー。
仲間がいるって超楽しいね。
おいしいものもたっくさん食べた!

人とは違うこと自分のポリシーに従って
コツコツとやってきたご褒美的な感じだったかも。

来月はますます、自分の中にあるものや考え方を
どんどん出していこうって思ってる。
誰かからみて正しいかどうかなんてことは
考えずにひとまず、いろいろ完成させてみる
相談してみる、をモットーに
初秋を楽しもうかな?(食も!!!)

でもなーんか遣り残した事があるような。。。
と思ったら海行ってなーい!
海でぼんやりとか遊んでなーい!
なーい!なーい!なーい!

来月は休みの日にでも行こうかな~?
行ったら日記書くね!

See You~♪ 










La leo litende leo 
akieem zawadi

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE