忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

震える大地

こんばんわ!
akieem zawadiです。

本日は皆さんご存知、阪神淡路大震災でした。
新聞ニュースでは16年前の悲劇を報道していた事と思います。

朝起きて今日何を一番に思ったかというと平和に朝を迎えられた事。
一番先に平和である事を祈りました(ツイッターにも囁きました)。

皆さんはあの時何をしていましたか?
そして何が一番心に残り、何が心残りになりましたか?

私はその当時大学生でTVの報道で高速道路が倒れた映像を見て
本当に大変な事が起こったのだ....と感じていましたが身動きできないでいました。
私がした事と言えば、募金か物資を送るボランティアに参加したくらいでした。

神奈川の友人がいち早く、ボランティアの為神戸に向かうその行動力に感銘しながらも
自分には何ができるのか分からなくて悶えていました。

きっと、復興の為に炊き出しや物資の搬送、現場に行ったら恐怖と悲しみ、苦しみを目の当たり
にしながら「何かできることはないか?」と手当たり次第人の足りない所へいって手伝う事、
特に大々的にボランティアと銘打たなくても手伝える事なんていくらでもあったと思います。

でも、私にはその時、狼狽し、結局何もできなかった。
いや、しなかった。

怖かったのか、無関心だったのか今ではどうしてなのかは分かりません。
そして残るのは動けなかった自分に嫌気がさすと同時にしていたら誰かの役に立ったのでは?
もしくは、自分自身何かを学べたのでは?
人間という物を深く知る事ができたのではなかったか?という後悔ばかりでした。

実は、昨日「artty artty」でのグループ展が終わり絵を撤収してきました。
先日の日記で私が画材にハニカムボード(分厚い段ボール)を利用して
いつか災害の被害者の心のケアをして行きたいと書いた事があったのですが
この震災の日を迎え、ますますその気持ちが強固になりました。

よく、戦争の被害にあった子供や心の病気になった子供に絵を描かせて
絵を描く事で癒されるセラピーがありますが、私がしたいのはそういった事でもあります。

また、命、家、家族、お金、ありとあらゆる、あるのが当たり前だったライフライン。
そういったかけがえのない物が喪失した時の心の穴。
人間はいとも簡単にぶっ壊れてしまうのだと思っています。
心が壊れ、16年たった今普通に暮らしているようでもきっとあの怖い記憶は
薄れる事なく残っている......そして時に発作的に蘇る...という人も少なくないはずです。
私はそんな心に穴が空いた人々の穴を少しでも癒し埋める作業をしていきたいだけです。

段ボールを使う事にも、きっちりとした私なりの理由があります。
あるアーティストが私の段ボールの絵を見て、その画材のチープさを会話の中で拾ってきました。
ぶっちゃけ、私はカチーンときました。

きっと、その子の中では「アートはかっこいいもの」という気持ちがあるのだと思います。

でも私は逆にアートってそんなかっこいいものですか?
と聞きたいです。

岡本太郎も言っているようにアートなんて、かっこよくなくていいし、下手でいいんです。
何かを表現したい!という気持ちさへあれば、人を感動させるだけの表現力があれば
それでいいと思っています。
そしてもっと根強く、人の心のそばに、日常的にあるものであっていいと思っているんです。

もし、私がでかい重いキャンパスに絵を描いて被災した人のところに行ったら
被災者達がどんな気持ちになると思いますか?

なんて鼻につく、気取った女!となるに決まっています。

軽くて、すぐに持ち運ぶ事もできる。
身の危険があったり、その日の暖をとる為に燃やす物が必要。
そんなときには即座に捨てて逃げたり、焼いたりできる物である必要がある訳です。

そりゃあ、アーティストとして何かを残したい、という気持ちはあります。
でも、命より大事なものなんてないんですよ。
結局、その為なら焼いてしまってもいいと思っています。

はっきり言って、絵など生活の役に立たないとおっしゃる方もいるでしょう。
腹の足しにもならないと言われるでしょう。
でも、救いがたい喪失感の中、悲惨な情景の中美しいものをがそばにあったら
きっと救われる物はあるはずだと私は本気で思っているのです。
涙が止まらない絵があってもいいのではないでしょうか?

まだ、描き始めたばかりですし、活動としては動いてません。
でも今日という日を境にきっと私はこの活動を絶対にやる心づもりもできましたし
実現させたいと思っています。

人間の命は短く、儚いものです。

そこに脆くて白い壁の外壁と地面のコンクリートさえあれば絵は描ける。
ゲーム機やPCがなくたっていくらでもその場にあるものでアートなんてつくれる。

私は今後そういった活動をするつもりです。
絶対に形にしたいと思います。
その為に今は目の前にある事に対して全力を尽くしたいと思います。

大地が震えるくらい、人の心も震えるような感動する絵を描く為に。

成長する自分へ、そして、期待される自分へ、将来の自分と支えてくれる人々
そして震える大地地球とあの日亡くなった6434人の方々に
追悼の意を込めをこの日記を捧げます。



La leo litende leo
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE