忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天邪鬼の穴

ある村に大変強欲で天邪鬼な男が住んでいた。

その男は大きな権力者でなんでもねじ伏せる事ができた。

悲しい事に男は思った事と反対の事しか言えないので

多くの人から嫌われていた。

しかし、彼の権力に誰もが逆らえず、権力故に誰もが彼に群がった。

そんなある日、隣村で祭りがあるというので

彼は多くの下々の者と一緒に見物しにやってきた。

その祭りである女と出会った。

貧しい家の出の女ではあったが何故かお互いに強く惹かれ

下々の者に命令し村へ連れて帰る事になった。

この女は今までに出会った女とは少し様子が異なっていた。

今までであった女達は権力に縋るように何でも言う事を聞いていた。

しかし、この女はまるでその権力が見えてないように

彼の事を扱うのだった。

その凛とした横顔と物言いに彼はどんどん引き寄せられた。

しかし、あまりに思い詰め、翻弄されてしまうの自分に反発する姿があった。

女は竹を割ったような性格で思った事をそのまま伝える性格だったが

男は自分の想いとは裏腹に女を傷つけるような言葉ばかりを

吐いてしまい、やがて女は男のもとを去っていった。

女が去った後、男は荒んだ。

時に下々の者に暴力まで振るい自分の想い通りに物事を進めようとした。

そんな彼のもとを一人、また、一人と去って行くのだった。

追いつめられた男は深い深い穴を掘った。

そして、想いのたけを大声でその穴に向かって叫び続けた。

すっきりした男が眠りにつき、朝目覚めると何やら外が騒々しい。

耳を澄ますとどうやら、隣村の自分のもとを去った女の行方が分からなくなったと

大騒ぎしているではないか。

「あぁ!」

男はすぐさま穴のもとへ裸足で走って行った。

女は定期的に穴のある道を通って女の両親のもとへ帰っていたのを男は知っていた。

男は自分がふがいなかった。

穴を埋め忘れた自分に腹が立った。

穴のもとへ行くと女が中でケガをしているのが分かった。

男は一心不乱に穴へ飛び込み、女のもとへ駆け寄った。

女は大変な怪我を負っていたのですぐさま医者に診てもらわなくてはならなかったが

上を見上げると太陽がまるで月のように遠くに見えた。

怪我を負った女をおぶって登るにはあまりに急斜面だった。

怒りで壁を殴ろうとしたが、崩れ、生き埋めになる事を考えやめた。

男は初めて自分の事ではなく女の命の事を考えた。

そして、涙ながらに今までの想いのたけを全て女へ伝えた。

女は意識が薄れていきながらも涙と笑顔で頷いていた。

男は女を失う事の恐怖におののき、ありったけの大声で助けを求め始めた。

声が枯れるまで延々叫び続けた。

すると大きな閃光とともに今まで見た事もない七色の美しい鳥が

あたりで冴えずり始めたと思うと同時に2人の体が宙にフワリと浮き

気付くと2人は穴の外に倒れていた。

村人がそれを見つけ2人の命が救われた。

男はその後から、改心し村人達に今までの悪行を詫び

女へも素直に想いを話せるようになった。

そして、村全体が平和で繁栄していくことになった。


それからというもの、その穴は「想い穴」と言われ祭られ

願い事を穴に叫ぶと願いが叶うとされ多くの人々が参拝に訪れるようになった。

そして、二度と現れない虹色の鳥の話は後世まで

その男の希望によって語り継がれてゆくのだった。




追伸

中学生以来、久しぶりに物語を書いてみました。昔話風です。
この男はある意味昔の自分であり、私の昔の師匠の姿でもあります。
人は人の為に何かを考えて初めて成長するんですよね。

人は何度でもやり直せる。
罪を憎んで人を憎まず。
だから、今気付いて欲しい。
これを読んでいる全ての人へ。

少しでも自分に当てはまる所があればどうぞ行動に移して下さい。
孤独、焦り、怒りに苛まれ手遅れになる前に。







(著: 夢澤 日秋)
La leo litende leo
akieem zawadi






PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE