忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

陸前高田4日間ボランティアツアー

こんばんわ。
akieem zawadiです。

本日は東北大震災から7ヶ月目となりました。

先日、恵比寿文化祭で行われた
「ACT FOR JPN」のイベントに参加し
クリエーターの方々の被災地への支援報告を
見聞きして大変刺激を受けました。

3.11以来ずっと私も何かしたいと思いながらも仕事で連休もとれず
体力的にも自信がなかったのでなかなか実現できずにおりました。
また、沢山のボランティア団体がある中、自分のすべき事が見えていなかった事も
ありなかなか前進できずにおりました。

しかし、仕事が一段落している現在
「時間・体力ともに十分余力がある今だ!今なら行ける!」
私の中で何かがGOサインを出したのだと思います。
気付けば瞬間的に申し込みをしてしまていました。

【陸前高田4日間ボランティアツアー】
・場所:岩手県陸前高田市
・宿泊地:浄土ヶ浜パークホテル(1日のみ)他車中泊
・ボランティア内容:被災地住宅の家具搬出・汚泥除去・清掃、
             河川の瓦礫撤去・汚泥除去・清掃等(現地で変更あり)


私が宿泊する予定の浄土ヶ浜パークホテルは8月上旬から
宿泊営業を再開し、10月より露天風呂も再開しています。
義援金付プランの設置やウエィングの受付なども始まっています。

「その場所で生きる」ということが少しづつ芽が出るように
再開してきているのを感じると胸が熱くなります。

「復活している故郷の姿をこの目で確かめたい。
 その上で私のすべき事を真剣に考え
 実行してゆきたい。」


これが今回の旅の純粋な目的です。

中には「ツアー」とついているからと言って純粋なボランティアではない
とバッサリと切り捨てる方や、顔を顰める方もいるかもしれません。

ですが、私は違った観点でこのボランティアツアーを見てほしいと考えます。
「ボランティア=偉い、高尚だ」「していない人=利己的で非国民だ」
という考え方に私たちは知らず知らずのうちに
陥っているような気がしてならないからです。
「ボランティア」が免罪符のようであってはなりません。
「ボランティア」は震災がなくなれば必要なくなる存在です。
それ自体はとてもハッピーな事かもしれません。
しかし、「ボランティア」が必要なくなったら幸せなのではありません。

被災地が本当の意味で復興するためにはその土地へ商業ベースで
お金が回るシステムが必要なのです。
たとえば、観光を商業ベースで行っている町を活性化させるには単純に考えると
定期的にその土地に「観光客」というお金を落とす誰かが訪れる必要がある訳です。

「被災地へ遊びに行く」

というと聞こえは悪いかもしれません。
しかし、あえて私は大義名分はボランティアですけれども
幼少から遊びに行っていた場所へまた、遊びに行きたいと思っています。

そして、あえて

「遊びさおでんせ。」

と被災地ではない場所に住むすべての方へ伝えたいです。
これが私にできることのひとつです。

何もなくなってしまった文字通り「ゼロ」だからこそ
クリエーターにとっては作り上げることの大切さを
これから訴えられる重要な場所であり
大きな未来への足がかりとなるはずです。

大河の一滴でもいい、今後ゆっくりでも
クリエーターとして活動してゆきたいと考えています。


*みなさんへ*

私が何かを始めたとき、きっと拙く、不器用であるかもしれません。
ですが、みんなで手を繋ぎハッピーな「何か」と造ってゆけると確信しています。
どうか、そのときには皆様の惜しみないご協力を
どうぞ、宜しくお願いいたします。


■西武観光
がんばろう日本!がんばろう東北!
陸前高田ボランティアツアー4日間
http://bus.seibutravel.co.jp/triwwwp_vl/tours/view/12/sbt-takada






la leo litende leo
akieem zawadi
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

Profile

HN:
Akieem Zawadi
性別:
非公開
職業:
ARTIST
趣味:
散歩 ・小説書・ 涙を流すこと
自己紹介:

海外のファンが多く、色彩感覚と切り取る目線がその人気の鍵。

日々の考えや恋愛、食べ物、読み物、音楽、アートとあらゆることに関してエッセー調に書き綴っている。

夢は、世界中の夕日と朝日を愛する+1と見に行くこと。世界中のあらゆる食べ物を食べ歩くこと。

 

Calendar

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

 

Counter

 

Bar-code

 

Blog Search

 

ANALYZE